\ フォローしてね /

焼き立てを好きなときに!生地を冷凍保存できる「スマイルマークのアイスボックスクッキー」の作りかた

冷凍保存できるものとして思い浮かぶのが「アイスボックスクッキー」。生地を冷凍しておくことができるので、好きなときに焼けるのが何といっても利点です。

筆者が近ごろハマっているのは、かぼちゃフレークを入れたクッキー。女性や子どもにも安心な「スマイルマークのアイスボックスクッキー」のレシピを紹介します。

材料(小麦粉200g分)

  • 薄力粉・・・180g
  • かぼちゃフレーク・・・20g
  • 砂糖・・・80g
  • 無塩バター・・・100g
  • 卵・・・1個
かぼちゃフレークは、製菓材料店や輸入食材店で売っています。お湯を注ぐとかぼちゃマッシュになるものです。

作り方(調理時間:30分)

STEP1:生地の粉を混ぜる

薄力粉をボウルに入れ、砂糖、かぼちゃフレークを入れます。

小さめの泡立て器で粉全体を混ぜます。

全体を混ぜることで、生地の甘さなどが均一になります。

STEP2:卵、バターを入れる

卵、溶かしておいたバターを入れてこねます。

溶かしたバターを混ぜることで、こねやすくしています。ここで、使い捨てのポリエチレン袋をはめてこねるとやりやすいです。

生地がなめらかになったらひとまとめにします。

STEP3:冷凍庫で寝かせる

生地をラップで巻いて、細長い円柱にします。このまま冷凍庫で保存できます。

すぐ作りたいときは、30分程度寝かせて生地が扱いやすくなったら、冷凍庫から出してSTEP4から作りはじめます。

STEP4:輪切りにする

冷凍庫から出して輪切りにします。固すぎて切れない場合は、10~20秒くらい電子レンジで加熱して柔らかくします。

成形する前に、180度でオーブンの予熱をかけておくとスムーズに作ることができます。

オーブンのトレイにオーブンシートを敷いて、その上に並べていきます。

STEP5:スマイルマークを描く

竹ぐしの頭の部分で目を、竹ぐしで口を書いてスマイルマークにします。

全てに顔を描いておきます。

STEP6:焼成する

予熱をしておいた180度のオーブンで13分焼成して完成です!

作り方のコツ・注意点

筆者の場合は、生地だけ作っておいて冷凍保存にしておくことも多いです。冷凍生地なので保存もできますし、作りたい時は成形しながらオーブンの予熱をすれば調理もスムーズ。

スマイルマークも個体差があって、色々な顔があるのもかわいいもの!かぼちゃフレークを混ぜたので、おやつを食べながら野菜も食べることができます。味もおいしいので、野菜があまり好きではないお子さんにもおすすめですよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。