\ フォローしてね /

キャベツ1/2個を食べよう!子供も大好き「キャベツ焼き」の作り方

子供が大好きなお好み焼き。キャベツをたっぷり食べられるメニューと言えばやっぱりコレではないでしょうか。そこでここでは、1/2個をまるまる使った「キャベツ焼き」の作り方をご紹介します。

生地に冷凍とろろを混ぜることでお店の味に近づけることができます。冷凍とろろを冷凍庫に常備しておくといつでも作ることができて便利ですよ。

材料(4人分)

  • キャベツ・・・1/2個
  • 小麦粉・・・80g
  • 水・・・130ml
  • 卵・・・2個
  • 冷凍とろろ・・・100g(50g x 2)
  • にぼし魚粉(サカモトの「だしはこれ」を使用)・・・5g
  • 豚肉(切り落とし肉を使用)・・・200g
  • お好み焼きソース、マヨネーズ、花かつお・・・適宜
おいしさの秘密は冷凍とろろと魚粉。冷凍とろろは山芋すりおろしでも構いません。

作り方(調理時間:20分)

STEP1:とろろを解凍する

冷凍とろろは、パッケージごとぬるま湯に浸して解凍します。

STEP2:キャベツを切る

キャベツは千切りにしておきます。

STEP3:生地を作る

小麦粉に水、卵、とろろ、魚粉を入れます。

ダマが残らないようにしっかり混ぜて、生地を作ります。

この時、小麦粉のダマがなくなるまでしっかり混ぜます。そのため、キャベツは生地を混ぜた後で入れましょう!

キャベツを入れて生地がキャベツに絡むようにしておきます。

一見するとキャベツが多いように思えますが、焼いているとしんなりして落ち着きます。

STEP4:焼き始める

フライパンを180度の温度で設定して、分量外のサラダ油を敷き、生地をお玉ですくって入れます。上に豚肉を置きましょう。

この時、1/4くらいの生地を残しておくことがポイントです!

豚肉の上から生地を乗せて蓋をします。

筆者はいつも2つのコンロで同時並行で作っています。

STEP5:裏返す

中火で5分程度。こんがりきつね色になると裏返しやすくなります。木じゃくしで裏返します。

蓋をして5分。裏側は蒸し焼きにして焼きます。

STEP6:1つのフライパンに集める

片方を木じゃくしで半分に切ります。

どちらか1つのフライパンに乗せて、まとめます。

木じゃくしで一口大にカットしておきます。

今回は、子供仕様として一口大に切っています。大人の方なら1枚ずつ食べてももちろんOKです。

STEP7:ソースをかけて完成!

フライパンの上でソース、マヨネーズをかけます。

花かつおもかけて完成!キャベツ焼きができました。

筆者は取っ手の取れるフライパンを使っているので、食卓にこのまま出しています。STEP6で一口大に切っているので、一切れずつ食べることができます。

作り方のコツ

コツは生地にとろろ(山芋)と魚粉の「だしはこれ」を入れたこと。生地もおいしいのか、子供もたくさん食べてくれます。キャベツもお好み焼きソース味だといつも以上に食べてくれます。

おわりに

子供用に一口大に切って出せば、どんどん食べてあっという間になくなります。キャベツが安い旬の時期は、キャベツ多めのお好み焼きでパーティーするのも楽しそうですね!

ぜひ参考にしてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。