\ フォローしてね /

ハンドタオルを使ってコップ袋を手作りする方法

このライフレシピのもくじたたむ

ここでは、ハンドタオルを使ってコップ袋を手作りする方法をご紹介します。多少濡れたコップを入れても、タオル地なので袋がびっしょり濡れることがありません。家にある材料を使い、約10分ほどで仕上がるのでぜひ作ってみてください。

用意するもの

  • 同じ大きさのハンカチタオル:2枚(ここでは幅18cmのものを使用しました)
  • 針:1本
  • 糸:タオルの色に合わせて色や長さを選んでください。
  • ヘアゴム:2本(ここでは手首ほどの大きさのものを使用しました)
作り始める前に中に入れる予定のコップを2枚のハンカチタオルで挟んで大きさを確かめてください。コップよりすこし大きめのタオルを用意してください。

コップ袋の作り方

STEP1:タオルを縫い合わせる

2枚のタオルを表が外側になるように重ね合わせ、入り口になる辺を抜かした3辺を縫い合わせます。

縫い目がわかりやすいようにするため、ここではオレンジ色の糸を使っています。

ここではかがり縫いをしていますが、なみ縫いでもかまいません。

かがり縫いやなみ縫いの方法は、以下の記事を参考にしてください。簡単!手縫い時のかがり縫いの仕方基本の縫い方こそきれいに!なみ縫いの方法

STEP2:ゴムを取り付ける

入り口の両脇にゴムを取り付けます。もう片方にもゴムを取り付けましょう。

STEP3:できあがり

完成です!

口を閉める時は、片方のゴムで反対側を髪の毛を縛るときのように結んでくださいね。

おわりに

タオルの柄やゴムの色をおしゃれに組み合わせるともっとかわいい袋ができあがると思うので、工夫されることをおすすめします。

ぜひ参考にしてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。