1. 料理
    2. 桜色がかわいい!寿司酢を使わない「桜えびと紅生姜のお稲荷さん」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    桜色がかわいい!寿司酢を使わない「桜えびと紅生姜のお稲荷さん」の作り方

    桜えびの風味が味わえる、紅生姜の入った爽やかなお稲荷さんの作り方をご紹介します。

    寿司酢の代わりに紅生姜を絞らず使用しますので、酸味が強すぎず桜えびの風味がしっかりと味わえるレシピです。

    材料(4個分)

    桜えびご飯の材料

    • 桜えび・・・大さじ1
    • 紅生姜・・・20g
    • 炊きたてご飯・・・茶碗2杯分

    いなり揚げの材料

    • 油揚げ・・・2枚
    • 水・・・150cc
    • 酒・・・50cc
    • 砂糖・・・大さじ2
    • 醤油・・・大さじ1

    飾り用の材料

    • 白ごま(あれば)・・・少々

    作り方(調理時間:30分)

    STEP1:油揚げの油抜き

    鍋に油揚げが浸るくらいの量の湯を沸かし、1分ほど茹でて油抜きをします。ザルにあげて粗熱を取り、冷めたらしっかりと絞っておきましょう。

    STEP2:油揚げを袋状にする

    油揚げを半分に切り、破らないように気をつけながら袋状に中を開きます。

    STEP3:味をつけて煮含める

    小鍋にいなり揚げの調味料をすべて入れて火にかけ、沸騰させます。油揚げを加えたら水分がなくなるまで弱めの中火で煮含め、火を止めたら蓋をして鍋のまま冷ましましょう。

    できれば一晩くらい置いておくと、より味が染みて美味しくなります。

    STEP4:桜えびご飯を作る

    紅生姜を細かく刻み、すべての桜えびご飯の材料と共に混ぜ合わせます。寿司酢の代わりになりますので、紅生姜の漬け汁は絞らず加えてください。

    ご飯の水分にもよりますが、パサつくようでしたら漬け汁を小さじ1ほど加えるとしっとりします。

    STEP5:いなり揚げにご飯を詰める

    冷まして煮汁を絞ったいなり揚げの中に詰めます。

    STEP6:完成!

    切り口を内側に折り込み、あれば白ごまを散らして完成です!

    作り方のコツ

    今回、桜えびは乾燥させたもの使用しましたが、釜揚げのものを使っても美味しいと思います。

    いなり揚げはSTEP3の状態で冷凍保存も可能です。多めに煮ておけば、きつねうどんの具などにも活用できますよ。

    ぜひ参考にしてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人