1. 料理
    2. あんこから作る絶品おはぎの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    あんこから作る絶品おはぎの作り方

    春と秋のお彼岸にお供えとしてつくられるおはぎ。ここでは、粒あんから手作りする、食べやすい少し小さめサイズのおはぎの作り方をご紹介します。

    ラップとお皿を使うので、手を汚さず簡単に表面を整えるを作ることができます。

    材料(小12個分)

    • 小豆…200g
    • 砂糖…180g
    • 塩…ひとつまみ
    • もち米、白米…各1/2カップ(米用のカップで計量)

    作り方(調理時間:120分)

    STEP1:米を炊き、小豆を下茹でする

    もち米と白米を合わせて普段よりも少し水を少なめにして炊きます。小豆はよく洗い、かぶるくらいの水と共に鍋に入れ、中火で茹ではじめます。水の色が小豆色に変わってアクが出てきたら一度ざるにあげてお湯を切りましょう。

    STEP2:粒あんを完成させる

    小豆を鍋に戻し、今度は多めに水を加えて中火にかけます。沸騰したらぐらぐら沸かない程度に弱火に落とし、小豆の皮が完全に柔らかくなるまで1時間ほど煮ます。

    柔らかくなったら、煮汁の量をひたひた程度に調節してから砂糖を加えます。再び中火にかけてヘラで混ぜながら水気が飛ぶまで加熱します。

    出来上がる直前に塩を加えて混ぜ、バットなどにあけて冷ましましょう。

    小豆の皮が破れるのが気にならない方は、圧力鍋を使うと20分ほどで柔らかくなります。

    STEP3:ごはんをつぶして成形する

    ごはんが炊き上がったら熱いうちにボウルなどに移し、すりこぎでつぶします。手に水をつけながら12等分して俵型に丸めておきましょう。

    すりこぎでつぶす際は、完全にペースト状にせず、半分粒が残るくらいにしましょう。

    STEP4:あんことご飯を合わせる

    深めの小皿にラップを敷き、粒あんの1/12量をスプーンで広げ、その上に俵型のごはんを置きます。ラップを茶巾絞りのようにして成形します。

    STEP5:完成

    形を整えて盛り付けて完成です!

    作り方のコツ

    粒あんを作る過程で、煮詰まってくると熱いあんこが飛んでくる危険があります。十分注意しつつ、ヘラで絶えずかき混ぜるようにしてください。

    味が少し落ちますが、できあがったおはぎは一つ一つラップでくるんで冷凍保存することもできます。解凍はレンジで様子をみながら少しずつ加熱すると上手くいきますよ。

    ぜひ参考にしてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人