\ フォローしてね /

苦みをおさえて美味しく!「ふきのとうとツナ卵のディップ」の作り方

春野菜の一つ、「ふきのとう」。ふきのとうを天ぷらや味噌以外にも利用できたら料理の幅が広がりますよね。

そこで今回は、苦みをおさえて美味しく仕上げた「ふきのとうとツナ卵のディップ」の作り方をご紹介します。

材料(4人分)

  • ふきのとう(下ごしらえずみのもの)・・・4個
  • ツナ缶・・・1缶
  • 茹で卵・・・1個
  • マヨネーズ・・・大3
  • オリーブ油・・・大1
  • 牛乳・・・大1
  • レモン汁・・・大1/2

作り方(調理時間:5分)

STEP1:食材をカットする

ふきのとうと茹で卵をそれぞれ粗みじん切りします。

STEP2:具材を合わせる

ボウルにふきのとう・茹で卵・水分を切ったツナを入れてマヨネーズをかけます。

STEP3:味付けする

STEP2のボウルに、オリーブ油・牛乳・レモン汁を加えて都度よく混ぜ、味付けしていきます。

STEP4:完成

きれいな器に移したら完成です。

作り方のコツ

ふきのとうは、下ごしらえをした後、水を張った容器に2日間つけておきました。こうすることでだいぶ苦みが取れますよ。

下ごしらえは、外側の皮と黒くなった根元を切り取って、塩を入れた熱湯で5分茹でたらOKです。

さいごに

苦みのある野菜ですが、マヨネーズや卵など、味をまろやかにする食材と合わせて食べやすく調理しています。ほんのり苦みがきている少し大人味のディップ、ぜひ一度試してみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。