1. 雑学
    2. 脱バレンタイン!2月14日を普通に楽しむ方法いろいろ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    脱バレンタイン!2月14日を普通に楽しむ方法いろいろ

    バレンタインデー…モテない男性は義理チョコすらもらえない可能性がありますよね。「外を歩けばカップルばかり、インターネットを見ればバレンタインデー特集ばかり…目に毒しかないぜ」とお悩みの方は多いはず。

    そこでバレンタインデー当日に、バレンタインデーを意識せずに楽しむいろいろな方法をご紹介します。

    1:別の記念日を楽しむ

    2月14日はバレンタインデー以外に「煮干しの日」「うまい棒の日」「ネクタイの日」「ふんどしの日」としても知られています。当日はバレンタインのことは忘れて、別の記念日として楽しむことをおすすめします。

    「煮干しの日」

    煮干しのだしを取って作った味噌汁の味は格別です。

    「うまい棒の日」

    うまい棒を種類別に食べ比べたり、食べ方を工夫したりと、楽しみ方いろいろです。

    「ネクタイの日」

    自分のために楽しむ日と割り切って、付けるのが楽しみになるような、オシャレなネクタイを買いに行きましょう。

    「ふんどしの日」

    「ふんどしを作り、ふんどしを履き、シコを踏む」なんてどうですか?とても楽しそうですよね!

    2:「2月14日」をスケジュールから消す

    もうこの際、前日からで朝まで遊び倒して、2月14日なんてカレンダーから消してみてはいかがでしょうか。「夜から朝まで遊んで、14日は家で寝ている」なんてプランがおすすめです。

    クラブで踊り明かすもよし、友人と酒を楽しむのもよし。とにかく前日から朝まで遊ぶことが重要です。朝まで遊んだら、あとは家に帰って寝るだけです。これで14日を半日つぶせます!

    3:バレンタインデーと無関係なイベントへ行く

    バレンタインデーを意識しないよう、バレンタインデーとまったく関係のないイベントに参加するのもおすすめ。

    4:辛いものを食べる

    バレンタインデーにチョコレートをもらえな…もらわない男性の特権、それは「甘いものを食べなくていい」ことです。せっかくなので、バレンタインデーには辛いものを食べてやりましょう!

    自宅で、友人とキムチ鍋をつついたり、カレーを1から救ったりなど、思い出に残りそうで楽しそうな企画を開催してみては?

    キムチ鍋のレシピ

    カンタンに作れるのがキムチ鍋のいいところ。友人と、モテない話を酒のつまみに食べることをおすすめします。

    カレーのレシピ

    できるだけ時間を使いたい方は、カレー粉を使わず、スパイスから作ってみてはいかが?

    5:「2月14日」について勉強する

    2月14日にあった歴史上の出来事、あなたはいくつ知っているでしょうか?下記の中でひとつでも知らない事項があったら、調べてみましょう!いい暇つぶしになりますよ。

    • バレンタイン司教の処刑
    • 血のバレンタイン事件
    • 江戸幕府による海舶互市新例の制定
    • キャプテン・クックの落命
    • グラハム・ベルによる「電話」特許の出願
    • ローリング・ストーンズの初来日公演
    • NASAの探査機による小惑星「エロス」とのランデブー飛行

    バレンタインデーなんてこわくない!いつも通り週末を楽しめばOK

    さて、さまざまなバレンタインデー当日の過ごし方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?今回ご紹介した方法を組み合わせれば、すぐにバレンタインデーなんて過ぎ去ってしまいますよ!

    たとえば、「前日の夜から朝まで遊び、14日は半日寝て、おやつの時間に目覚め、うまい棒を食べ、夜は友人とキムチ鍋」なんてどうですか?そんなに難しくないですよね。

    普段どおりの週末に少し工夫を加えるだけで大変楽しい1日になるはずです!

    (image by amanaimages 1 2 3 4 5 6)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ