1. コミュニケーション
    2. 「ワンオペ」とは?ネットでよく使われる言葉の意味と使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ワンオペ」とは?ネットでよく使われる言葉の意味と使い方

    このライフレシピのもくじたたむ

    今年、ガジェット通信が発表した「ネット流行語大賞2014」において、14位にランクインした流行語は「ワンオペ」でした。

    主に、接客業のアルバイトで使われるこの言葉ですが、一体、何の略語でどのような意味で使われているのでしょうか。

    今回は、そんな「ワンオペ」について紹介します。

    「ワンオペ」とは

    意味

    「1人で店を回す(店舗を1人で担当する)」という意味です。

    由来

    「ワン(1人・1つ)オペレーション(操作)」が略されて「ワンオペ」となりました。

    「1人で店を回す(店舗を1人で担当する)」という意味に加えて、「1回の操作ですぐ終わる」といったニュアンスでも使われますが、すき家の深夜時間における1人勤務体制の問題もあり、「1人で店を回す」状態を指す言葉として定着しています。

    すき家の深夜時間における1人勤務体制問題

    2014年、深夜時間の1人勤務体制の店内の客席や床に大量の食器が放置されている画像がTwitter上に投稿されました。

    この画像はTwitter他、ネット掲示板でも大きな反響を呼び、すき家を運営するゼンショーホールディングスの運営体制に対して批判の声が相次ぎました。

    この問題は「ワンオペ問題」とも呼ばれ、多くのメディアで取り上げられました。

    使い方

    A「昨日のアルバイト、完全ワンオペで疲れたわ…」
    B「うわー、大変だったね!」

    おわりに

    「ワンオペ」は決して悪い意味ではありません。今回の記事を参考に正しく理解しましょう!

    「ネット流行語大賞2014」では、ほかにもその年を象徴する印象的な言葉をいくつか紹介しているので、気になる方は是非チェックをしてみましょう!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人