\ フォローしてね /

三種類のつけ塩で楽しむ!新じゃがの素揚げの作り方

これから、新じゃががスーパーの店先に並ぶ季節です。早めに収穫された新じゃがは皮も柔らかく、丸ごとじゃがいもを味わえます。

ここでは、シンプルに新じゃがの味が味わえる素揚げの作り方をご紹介します。味の変化が楽しめるように、3種類のつけ塩を用意してみました。

材料(2人分)

  • 新じゃが:6個
  • 塩:少々
  • カレー粉:少々
  • アオサ:少々
  • 粗挽き黒胡椒:少々

作り方(調理時間:20分)

STEP1:じゃがいもを切る

じゃがいもを洗って、皮が付いたまま半分から1/4くらいの適当な大きさに切ります。

STEP2:レンジで火を通す

耐熱容器にじゃがいもと水を5mmくらい入れます。

600Wで3~5分程度、レンジで火を通します。

楊枝がすっと入る程度まで火を通します。

STEP3:油を温める

揚げ油を180度くらいに温めます。

菜箸を入れると、泡が勢いよく出てくる程度が目安です。

STEP4:じゃがいもを揚げる

揚げる前に、じゃがいもの表面の水分をキッチンペーパーで取ります。

水分を取ったじゃがいもを入れ、泡が少なくなってくるくらいまで3分ほど揚げます。

STEP5:つけ塩を準備する

カレー粉、アオサ、粗挽き黒胡椒を、それぞれ適量の塩と合わせます。

STEP6:できあがり

じゃがいもの油が切れたらできあがりです。

3種類のつけ塩をお好みで付けて召し上がってください。

作り方のコツ・注意点

あらかじめレンジでじゃがいもに火を通しておくことで、揚げ時間を短くできます。

また、じゃがいもの水分を取っておかないと油がはねるので注意してくださいね。

おわりに

揚げ物は面倒だとおっしゃる方もいらっしゃいますが、揚げたての美味しさは格別です。

是非、揚げたてのほくほくを味わってください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。