1. 料理
    2. アサリの旨味が凝縮!アサリの豆腐そぼろ炒めの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    アサリの旨味が凝縮!アサリの豆腐そぼろ炒めの作り方

    春から初夏にかけて、アサリの美味しい季節になります。アサリから十分な旨味と塩分が出るので、調味をほとんどしなくても味がばっちりと決まるので使いやすい材料のひとつです。

    定番の料理法は色々とありますが、ここではアサリの豆腐そぼろ炒めの作り方をご紹介します。

    材料(1~2人分)

    • アサリ:1パック
    • 豆腐(木綿ごし):1/4丁
    • チンゲン菜:1把
    • 日本酒:大さじ1
    • しょう油:少々
    • コショウ:適宜

    作り方(調理時間:30分)

    STEP1:チンゲン菜を切る

    チンゲン菜をさっと洗って、適当な大きさのざく切りにします。

    STEP2:アサリを洗う

    アサリの砂出しをして、殻をこすり合わせるようにして洗います。

    STEP3:アサリを酒蒸しにする

    小鍋にアサリと日本酒を入れて、強火にかけます。

    煮立ったら弱火に落としてフタをし、アサリの口が開くまで1~2分ほど蒸します。

    アサリの口が開いたら、一旦取り出します。

    STEP4:豆腐と青梗菜を炒める

    チンゲン菜の茎の部分と、豆腐を崩しながら入れて、中火で水分を飛ばすように炒めます。

    豆腐を崩しながら、水分があらかた飛ぶまで10~15分くらいじっくりと炒めます。

    炒めるにつれて豆腐から水分がどんどん出てきますが、気長に炒めてください。

    STEP5:チンゲン菜の葉を炒める

    水分があらかた飛んだら、チンゲン菜の葉の部分を入れて、さらに炒めます。水気がなくなるまで中火で10分ほど炒めます。

    STEP6:アサリを入れる

    STEP3で取り出したアサリの身を入れて、さっと温めます。

    最後にしょう油をひとふりして、コショウで味を調えます。

    STEP7:できあがり

    器に盛り付けてできあがりです。

    作り方のコツ・注意点

    豆腐を炒めるにしたがって、豆腐から水分がどんどん出てきます。地味に時間はかかりますが、焦がさないようにじっくりと水分を飛ばすように炒めてください。

    おわりに

    アサリを酒蒸しにした旨味をしっかりと吸った豆腐がとてもおいしいです。

    少々時間はかかりますが、作り方は簡単なので、是非試してみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人