\ フォローしてね /

本業で決まる?「アルバイト」と「パート」の違いについて

普段、求人広告などで何気なく見かける「アルバイト・パート募集」という言葉。でも、よく考えてみたら「アルバイト」と「パート」の違いとは一体何なのでしょうか。

今回は、知っているようで知らない「アルバイトとパートの違い」について紹介します。

「アルバイト」と「パート」の違いについて

法律上では違いはない!

厚生労働省が発表している「パートタイム労働法のあらまし」の中では、アルバイトとパートの定義について以下のように書かれています。

パートタイム労働法の対象である「短時間労働者(パートタイム労働者)」は、「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」とされています。
例えば、「パートタイマー」「アルバイト」「嘱託」「契約社員」「臨時社員」「準社員」など、呼び方は異なっても、この条件に当てはまる労働者であれば、「パートタイム労働者」としてパートタイム労働法の対象となります。

このように、法律上ではアルバイトとパートの違いはありません。

会社によって区別の仕方はさまざま!

法律上、アルバイトとパートの違いがないことは先に説明したとおりです。そのため、アルバイトやパートの呼び方や区別の仕方は会社ごとに異なるようです。

一般的には、アルバイトとパートの大きな違いとして「本業が別にあるかどうか」が挙げられます。例えば、事務所に入っているお笑い芸人であれば、本業が「お笑い」になるので、就労形態は「パート」ではなく「アルバイト」になります。

おわりに

なんとなく「学生=アルバイト」「主婦=パート」というようなイメージをもっていた方が多かったのではないでしょうか。

しかしよく調べてみると、それぞれは法律上では違いがないことや一般的にどのように区別されているかがわかりましたね。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。