\ フォローしてね /

豚しゃぶ×塩ちゃんこ「スタンディングねぎ鍋」の作り方

スタンディングねぎ鍋をご存知ですか?何かというと、ねぎを立てた(=スタンディングさせた)鍋のこと。

ここでは、牛肉とねぎだけで作るスタンディングねぎ鍋が紹介されていますが、もちろんほかの具材を使ってアレンジしてもOK。

そこで筆者は、豚しゃぶ×塩ちゃんこ味で作ってみました。真ん中に立ったねぎがお花の花弁のようにも見える、ビジュアルも楽しめる鍋です。

材料(2人分)

  • ねぎ……1.5本
  • 豚肉(しゃぶしゃぶ用)……200g(2シート使用)
  • にんじん……1本
  • えのき茸……1パック
  • 冷凍讃岐うどん(小)……2個
  • 輪切りねぎ……50g程度
  • 水……300ml
  • 丸鶏がらスープ……小さじ1
  • 塩……小さじ1

作り方(調理時間:15分)

STEP1:材料を切る

にんじんはへたを切り、皮を剥いて千切りにします。

ねぎは同じ長さで4センチくらいにそろえて切ります。

あまり長すぎるときれいに立たないので、長さは3~4センチが適当です。

ほか、えのき茸は根元を切り落としておきます。

STEP2:鍋に水を入れる

鍋に水、塩、丸鶏がらスープを入れて混ぜておき、鍋を火にかけます。

最初にスープのもとを入れてしまうことで、味が均等になります。

STEP3:具材を投入する

材料を土手のようにして鍋に並べます。

真ん中のスタンディングねぎは一番最後に鍋に入れます。

あいている真ん中にねぎを「立てて」並べます。

縁から具材を投入することで、ねぎがきれいに立ちます。

STEP4:うどんを茹でる

冷凍うどんは表示通りに茹でます。ねぎが倒れないよう、別の鍋にお湯を沸かして茹でましょう。

STEP5:うどん、豚肉を入れて完成!

STEP4で茹でたうどん、しゃぶしゃぶ用の豚肉を入れて色が変わったら残りの輪切りねぎをかけて完成です!

真ん中のねぎをくたくたにするために、この時にひっくり返しています。

STEP6:完成

「スタンディングねぎ鍋」ができました。真ん中にはねぎが立っています!

作り方のコツ

一番火力が強い真ん中でねぎを加熱することで、とろとろのねぎを味わうことができます。コツはねぎの長さをそろえることと、あまり長くしないこと。3センチ程度が作りやすい気がしました。

食べかた提案

おすすめは、豚肉でねぎを巻いてぽん酢で食べる方法です。今回、えのき茸や人参も入れたので、豚肉に野菜をたっぷり入れて巻いて食べました。スタンディングねぎは火がしっかり通っているので甘くて柔らかく、子供もたくさん食べることができます。

もちろん、お肉×スタンディングねぎの材料2つでもOK!牛肉が定番のようですが、豚肉でヘルシーにもいただけます。お肉を花びらのように、スタンディングねぎを花弁のように見立てて作成してみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。