\ フォローしてね /

初心者に読んでほしい!キャンプに持っていくべき基本的な用品

夏が終わって、少しずつ寒くなってくる秋冬はキャンプの季節です。しかし、キャンプをしてみたいと思っても、初めてだと何を用意すればいいのかわかりませんよね。無駄な荷物もなるべく減らしたいものです。

この記事では、キャンプをするにあたり、季節に関係なくいつでも必要不可欠なものからあると便利なものまでをまとめました。季節を問わないアイテムでも、秋冬に使う際のポイントなどは要チェックですよ!

基本的なキャンプ用品のことならこの記事一本で解決です!

まずはここから!寝床に必要なもの

テント・タープ

キャンプにおいて最優先で確保するべきは寝る環境です。食事が用意できても、雨が降り出したら避難することができません。そのためキャンプ場に着いたらまずテントを立てることからはじめましょう。秋冬は少し休憩する場合でも体を冷やしてしまうので、しっかり外気を遮断できるように立てましょう。

その際、テントに付属している軽いアルミ製のハンマー、プラスチック製のペグ(杭)を使用するのはあまりおすすめしません。キャンプ場によりますが、地面に刺さっていかなかったり簡単に折れてしまったりします。ペグはスチール製、ハンマーはスチール製かゴム製などでしたら間違いないでしょう。

タープというのは、テントとは別に食事などをするための屋根になるものです。虫や雨を遮断しやすいスクリーンタイプ、中でもテントと連結できるものが人気です。

雷雨のときはテントではなく必ず車の中に避難してください。貴金属を身につけないことも大切です。

マット

テントを立てたらまずは底にマットを敷きます。これが無いと、寝るときに石のでこぼこが痛かったり、朝露でテントの床が湿ってしまったりします。完全に敷き詰められる面積分は用意しましょう。

もちろん秋冬はさらに底冷えするので、厚さを重視して多めに持っていくとストレスを溜めることもなさそうですね!

テントの外側に敷くためのマットも販売されていますが、段ボールで代用できます。できるだけ気持ち良く寝られる環境を作りましょう。

寝袋・枕

キャンプといえば寝袋のイメージが強いですよね。夏物や冬物など寝袋にも様々な種類があります。意外と値段もピンキリなので色々と吟味してみてください。

最近の冬用寝袋は、耐寒温度がマイナス15度と性能も申し分ないものがそろっていますよ!

普段よりおいしく感じる!食事に必要なもの

観光地で食事をとるのもいいですが、せっかく大自然の中に泊まるのならバーベキューを楽しみましょう。キャンプ場で食べると簡単な朝ごはんですら格別です!

バーベキューコンロ・炭・着火剤・チャッカマン・うちわ

初心者が一から火をおこすのは難しいですが、それもまたアウトドアの醍醐味の一つです。

コンロは取り外し可能な長い足がついているタイプが一般的です。卓上タイプもありますが、テーブルに載せてバーベキューをすると煙がタープの天井に当たり続けてしまいます。汚れや匂いが気になる方はテーブルごとタープの外へ出すか、足付きのタイプにしてコンロだけ外で使うのがいいでしょう。

最近は折りたたみ式の製品もあるようです。コンロは嵩張る荷物なので、コンパクトなのはとても助かります。

炭は選ぶのが難しいです。高い炭だからといって火をおこしやすいとも限りませんし、安い炭でも案外火がつきやすく長持ちしてくれることもあります。ホームセンターなどで比較的安く手に入るので、悩むくらいなら値段で選んでしまっても良いかもしれません。

また火をおこすには炭の他に着火剤という物も使います。これが無ければ火はおこせないのではないかと思うくらい大事なキャンプ用品です。

炭は火をつけるまでが大変です。よく新聞紙を最初に燃やす人がいますが紙は数秒で灰になってしまいます。その点着火剤は着火も簡単で火力も燃える時間も充分です。それを炭に当て続けることにより火をおこすことができます。

炭に火がつき始めたら、うちわで炭を全て吹き飛ばすくらいの気持ちで力いっぱい扇ぎましょう。一気に火力が増します。

網・鉄板・トング・耐熱グローブ

食材を焼くのには網が必要ですが、正直どんな網でもいいかと思います。網が太目のしっかりしたタイプもありますが、そのような製品はしっかり掃除をしなければなりません。キャンプの頻度にもよりますが、汚れた網を使い続けるよりも、安くても新しい網を毎回買った方がおいしく楽しめるのではないでしょうか。

またトングは長めの物をおススメします。コンロの上は熱気が凄いです。ずっと手を当てていると火傷をしてしまいます。そうならないように長めの物を使いましょう。網を直接持ち上げることもあるので耐熱グローブがあると便利です。

食材用だけでなく炭用のトングも必要です。分けて使うようにしてください。

ツーバーナーコンロ・シングルバーナー・ホワイトガソリン

炭火用コンロのほかにバーナーのコンロも用意します。ツーバーナーコンロとは2口コンロのことですが、ガス式とガソリン式の2つのタイプがあります。

一般的にガス式は扱いが簡単で初心者には向いていますが、寒い環境だとガスの圧力が下がり火力が弱まってしまったりカレーなど火力が必要な料理には相当な量のガスを要したり、という難点があります。

一方ガソリン式はポンピングと呼ばれる圧をかける作業が大変ですが、低温でも強い火力を維持することができ、また低コストであるためコストパフォーマンスが非常に高いです。ポンピングも慣れてしまえばなんてことはありません。なお使うにはホワイトガソリンという燃料が必要です。

お湯を沸かす程度でしたら一口のシングルバーナーで充分です。使う際は地面が水平のところでないと倒れてしまい危険ですので注意しましょう。

バーベーキューは炭火でやりますが、朝ごはんはバーナーのコンロを使うと料理の幅が広がります。フライパンでウィンナーや野菜を炒めたり食パンを焼いたりするだけでもとても美味しいです。スープが飲みたければ自宅と同じようにお湯も沸かせますし、お米を炊くことだってできます。

炭火でも料理をすることはできますが、朝からまた火をおこすのは大変です。料理時間も考慮すると、ガスコンロを使った方が断然お手軽だと思います。

お米を炊いたりスープを作ったりするのに使います。コッヘルと呼ばれる調理器具は取っ手が折りたたみ式なので持ち運びにも便利です。頑丈で長持ちするので大変重宝します。またダッチオーブンもその万能性が人気です。

テーブル・テーブルクロス・台拭き

サイズにもよりますが、できればテーブルは複数持っていくことをおススメします。また、汚れてもいいようにテーブルクロスと台拭きも用意しましょう。

キャンプ場は家と違い基本的に物を置く場所がありません。食材や食器だけでなくランタンや懐中電灯など、ありとあらゆるものを置くためにもテーブルは必要です。

雨や朝露で地面が湿った場合に備えて、物をテーブル上に避難させることもあります。なにかと物を置くことになるので複数あると便利でしょう。

椅子

寝袋同様、アウトドア用の椅子も意外とピンキリです。安物はすぐに壊れてしまう可能性があります。デザイン性、機能性ともに富んでいる製品は数多くあるのでいろいろ見てみると面白いですよ。

製品情報にはそれぞれ耐荷重が記載されているので、そのあたりの数字も見てみるのも良いかと思います。

食器・まな板・ナイフ

食器はプラスチック製の物を使うようにしましょう。紙皿や紙コップは余計なゴミになってしまうのであまりおおすすめしません。ゴミはなるべく減らすよう努めてください。

またナイフはサバイバル用の物を持っていくようにしましょう。家庭用の包丁を持っていくのは危険すぎますよね。

アウトドア製品は携帯用に作られているため刃のカバーがあり安心です。二つ折りのタイプもありますが、しっかり固定できないと使っている最中にぐらぐらしてしまうことがあります。物にもよりますが注意が必要です。

タンク・バケツ・ミニ椅子

野菜を洗う際など、水を使いたいときに毎回流し場まで行くのは非常に面倒です。そこで大活躍してくれるのがタンクとバケツです。水を一杯に入れてテントの近くに置いておけば、清潔な水をいつでも出すことができます。タンクは小さな椅子などに乗せると使いやすいですよ。

タンクは手や野菜を洗う用、バケツは汚れた布巾をゆすぐ用など分けて使うと水の節約になります。なお、ぺしゃんこに潰せるタイプだと荷物にならないのでさらにオススメですよ。

クーラーボックス・ロック氷

特に夏のキャンプにおいては一番の必需品と言っても過言ではないくらい重要なキャンプ用品です。片手で持てる物からキャスター付きの物までサイズも様々で、性能やデザインも多岐に渡ります。意外と個性が出るのがクーラーボックスかもしれません。

中に入れるのは保冷剤でもいいのですが、ロック氷ならば飲み物用としても活用できるのでおすすめです。なお、より長時間冷やしたいのであれば板氷の方がいいでしょう。

水筒

水筒は持っていて損はありません。一年を通して大活躍してくれます。冷たい飲み物を保冷するだけでなく、キャンプ場で沸かした熱湯を保管するのにも便利です。

飲み物は基本クーラーボックスに入れているものなので、車内でのどが渇いたときなどは水筒があると助かりますね。

来たときよりも美しく!掃除に必要なもの

キャンプ場といえどお掃除はします。他の人も利用する場なので、むしろ自宅以上に綺麗にするという心がけが必要です。

フリースタンド

ビニール袋がいくつも一杯になってしまうほど、キャンプでは本当にたくさんのゴミが出ます。そんなゴミ袋を地面に直に置いたり、テーブルにガムテープなどで取り付けたりするのは見栄えもあまり良くありませんよね。フリースタンドに袋をかければ、開いた状態でしっかりと固定できるのでゴミを入れるのが楽です。

コンロなどを乗せてもいいくらい使い方は自由なアイテムです。嵩張るものではないので持っていて損は無いかと思います。

分別の仕方はそのキャンプ場の管理人さんにしっかり確認しましょう。

ペーパータオル

食器は洗い場に持っていく前に一度ペーパータオルで綺麗に拭きましょう。油を拭き取らずに流してしまうのは環境に良くありません。拭きながら上手に折りたたんで、なるべく少ない枚数で済ませましょう。

スポンジ・洗剤

食器は自宅でしっかり洗えばいいので、できれば洗剤を使わずに水洗いで済ませた方がいいです。どうしても気になるという方は、環境に配慮した製品を使うようにしましょう。

またその際、食器を洗う人、流す人、拭く人といったように役割分担すると、テキパキ進むので節水にも繋がります。

洗いもの乾燥用ネット

当然のことながら、キャンプ場には食器乾燥機なんてありませんよね。そのため洗いものを乾かすためのネットが必要です。ファスナーが付いているので食器が落ちることはありません。

タオルかけロープ・洗濯ばさみ

使った布巾やタオルを干すのにロープを使います。邪魔にならないようタープのポールなどに括りつけるとすぐに使えて便利です。

もしくは木の幹にロープを巻いてもいいですが、その際ロープが木に触れる部分にはペーパータオル等を当てましょう。木を痛めないよう保護するためです。キャンプ場ではそういった配慮が大事なマナーです。

ロープとペグはなにかと使います。折れたり無くしたりすることもあるので、多めに持っていくようにしましょう。

夜は真っ暗!明かりを作るのに必要なもの

夜のキャンプ場はほとんど真っ暗です。流し場やトイレの周辺は一晩中電気が煌々とついていますが、テントの周りには明かりなんてありません。忘れてはいけない必須のキャンプ用品です。

ランタン・ポール・フック

ランタンのタイプは主に3つあります。初心者にもおすすめな乾電池式のものと、ツーバーナーと同じくガス式、ガソリン式のものです。最近ではLED電球のランタンも多く販売されているため、乾電池式の方がお手軽で性能も良いかと思います。

ガス、ガソリン式は火の明かりですので、ついているだけで和むというのが魅力でしょうか。ガソリンが気化する「コーッ」という空気音にも癒されます。使うにはマントルと呼ばれる白い袋が必要です。ランタンの内部に吊るして一度、から焼きをし、その中にガスを溜めて火をつけることでとても明るい光を放ちます。

ランタンはテーブルの上に置く食卓用と、タープの外に吊るしておく外灯用と2つ用意するのが一般的です。外灯用に必要なのがスタンドになるポールと、ランタンを吊るすためのフックです。三脚型のスタンドもありますが、地面は水平とは限らないので倒れてしまう危険性があります。そのため1本のポールを3~4本の紐とペグで地面に固定するのが安全でオススメです。

燃料タイプはテントの中では絶対に使ってはいけません。一酸化炭素中毒になってしまいますし、火事の危険性もあります。テント内で使用するのは必ず電池式にしましょう。

懐中電灯

夜トイレに行くときや星を観に行くときなど、ちょっとした外出でも懐中電灯は欠かせません。大きな石や木の幹に躓いてしまうなど、キャンプ場では自分が歩く道すら全く見えないのが当たり前です。また車道を通る際に対向車にこちらの存在を知らせるためにも懐中電灯は必須です。

スマートフォンのライトもありますが、やはり懐中電灯には及びません。人数分持っていくとより安心ですね。

こんなのはいかが?おまけで持っていくと良いもの

ラジカセ

夜のキャンプ場はご飯を食べた後は基本やることがありません。家にいると無意識のうちにテレビを観たりパソコンをいじったりしていますが、キャンプ場だと何をしていいかわからなくなります。

そんなときにラジカセがあると良いです。虫の鳴き声が静かに聞こえるだけのキャンプ場で聴くラジオはとても心が安らぎます。面白い話が聴けたり知らない音楽に出会えたりと、いろいろ発見があって面白いですよ。

最近はスマートフォンでもラジオは聴けますが、ラジカセのアンテナを伸ばして電波を探す作業をしていると懐かしい気分になれます。普段はラジオなんて全く聴かないという方には特にオススメです。

おわりに

初心者へ向けた基本的なキャンプ用品をまとめました。付属品のような細かいものについてはあまり触れませんでしたが、ご紹介したものだけでもキャンプはできます!

初めてのキャンプはわからないことが多く勇気もいるかもしれませんが、何度も行くことで少しずつ勝手がわかってきます。この記事を参考にして、まずは形から入ってしまいましょう!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。