1. コミュニケーション
    2. 歓送迎会・謝恩会・忘年会……もう怖くない!出し物を成功させるアイデア

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    歓送迎会・謝恩会・忘年会……もう怖くない!出し物を成功させるアイデア

    歓迎会や送別会、各期納会、忘年会に新年会、謝恩会……パーティーシーンにつきものなのが、「出し物」です。特に新入社員や新入生、卒業生は余興を頼まれる場面は多いですよね。

    「宴会の出し物なんかやったことない」「自分はそういうキャラじゃないしギャグセンもないし無理」と悩むかと思いますが、実は頼む側としては「矢面に立たせて顔を覚えてもらう場を作ってやろう」という親心もあるので、なんとか期待に応えたいところです。

    ならばいっそ、腹をくくってやってやりましょう。何事も挑戦です!とはいえ、何をやればいいのかわからないですよね。そこで、この記事では、宴会や会社のイベントでの出し物なんて初めて!という方向けに、おすすめのネタを伝授します。

    爆笑必至の一発芸から簡単なダンス、感動ムービーの作り方、盛り上がる定番ゲームまでバラエティー豊かなラインナップとなっております。うまくいけば、上司や先輩から褒められるだけでなく、出し物をフックに話しかけてくれる人が増えてウハウハですよ!

    ウケる出し物のコツ、3箇条

    その1:求められていること

    さて、そもそも、出し物には何を求められているのでしょうか。それは多くの場合、下記のいずれかに集約されます。

    • 盛り上げるため
    • 自己紹介
    • 根性だめし

    つまり、「出し物=面白い」を求められているわけではないことがわかりますね。

    もちろん面白いことをやれば確実に盛り上がります。ですが、お笑い芸人でもない一般ピープルにはハードルが高すぎます。そんなことは皆さん百も承知なので、必ずしも大笑いを取る必要はありません。

    やりきることに意味があるのです!

    その2:絶対にやってはいけないこと

    あくまで「いちコンテンツ」としての出し物だからこそ、やってはいけないことが存在します。それは、

    • やる前にもったいぶること
    • 品性のない芸

    の2つです。

    先ほど「出し物=面白い」必要はないといいましたが、それは見る側の期待値が低いからです。あまりもったいぶってしまうと、求められるクオリティのハードルが上がっていきます。滞りなくサッと済ませてしまうのが◎。

    また、やはり品性のない芸もNGです。下ネタや過剰な他人イジリなどは、一部の人の反感を買うことになり、結果的に会全体のテンションが下がってしまう危険性をはらんでいます。

    両者とも絶対NGなのに、やってしまいがちです。ご注意ください。まちがっても、「ためる」→下ネタしか思いつかずに「お○ぱーーーーーい!!」の流れだけは避けてください。数学の世界とは違い現実世界では、マイナス×マイナスがプラスになるとは限りません。

    その3:ウケる出し物のつくりかた

    まずは、どのような芸をすればよいかを確認しましょう。ここでは、王道の余興をジャンル分けしてみました。

    おもしろ・爆笑型 一発ギャグ、ものボケ、漫才、コント、言葉遊び
    おどろき・感動型 特技、ものまね、顔芸、ムービー
    会場巻き込み型 ゲーム、歌、ダンス、マジック

    例えば会社の堅い会ならゲームなど会場が一体となってできるものがいいでしょう。一方、学校の謝恩会など多少フランクでも許される会なら、一発ギャグなどでウケを狙ってもOKです。

    身内しかいない会ならば、内輪ネタを盛り込んでアレンジしてみましょう。「社内あるある」や「○○さんのモノマネ」など、その場にいる全員が元ネタを知っている芸なら、高確率でウケます。

    また、慣れ親しんだコミュニティなら、意外性も取り入れたいポイントです。自分のキャラクターには似合わない動きをしてみたり、「○○さんが絶対にやらないこと」などと他人の意外性をいじるのもアリです。

    それでも困ったら、思い切って定番ネタを全力でやりましょう。定番ネタなら、一度は見たことがある人が多いので、会場がポカーンとなってしまう危険は回避できます。

    会の雰囲気に合わせて趣向を変えましょう!

    「おもしろ・爆笑型」の出し物例

    それでは、実際の出し物の具体例をご紹介していきます。

    まずはおもしろ系の出し物です!1人でも手軽にできるので、持ちネタとしていくつか習得しておけば、いきなりのムチャぶりも怖くありません。普段使いできるようになれば、いざという時に困りませんね!

    1:ティッシュペーパー(一発ギャグ)

    白シャツの上にワイシャツを着ます。胸からお腹あたりのボタンをいくつか外し、隙間から白シャツをひっぱりだして覗かせ、「ティッシュペーパー」と叫びます。

    サラリーマンのあいだでは定番のネタです。ボタンの外し方や、最後の叫びをいかに自分流にできるかがポイントです。

    「ただただ大声で叫ぶ」「ネイティブ調で言う」「連続でやる」などが定番。「しらけた……」と感じたら、ひと呼吸分間をあけて再度トライしましょう。ほぼ確実にうけます。上級者はあえて噛んでみるのもありです。

    2:おしりとり(一発ギャグ)

    客席に背を向けて立ち、口でしりとりをしながら、お尻で文字を書きます。女性向けですが、もちろん男性がやってもOKです。

    複数人でしりとりをしてもいいし、ひとりでやる場合は何かメッセージを書いてもいいでしょう。

    あらかじめ面白い単語が並ぶように考えておきましょう。メッセージにする場合は、「○○○(誰かの名前)、ありがとう」や「おめでとう」以外に全然関係ない単語を使ってもいいですね。

    3:ファイト一発(言葉遊び)

    「一発芸します」と宣言し、某CMのように「ファイトー!いっぱーつ!」と叫びます。「以上、一発芸でした」で締めます。

    本当にくだらないですが、アレンジの見せ所でもあります。いかに崖っぷちに立たされている様子を表現できるか、演技力が試されます。仕事で失敗してしまった人は、自虐ネタとしても使えそうですね。

    できる人は、冒頭の「一発芸します」の時点からケイン・コスギさんのモノマネを入れてみましょう。

    4:かいわれ(ものボケ)

    カイワレ大根を顔の前にもって立ちます。「てめぇなめとんかい、われ!」「かかってこんかい、われ!」と、喧嘩口調でカイワレに向かって一方的に怒鳴ります。

    カイワレ大根が、わかりやすいよう見える位置に掲げましょう。最終的にカイワレを叩きつけて本当に喧嘩したり、カイワレが言い返してきたり、色んなパターンを作れそうです。

    いかに真剣にやれるかがポイント。ジワジワ系のネタです。

    「おどろき・感動型」の出し物例

    続いて、おどろき・感動系の出し物です。意外な特技を披露することでおどろきや感動を与えることができます。特技なんてない!という方は、誰でもできるワザを練習するか、事前に感動コンテンツを仕込んでおきましょう。

    1:手を使わずにメガネを取る(特技・顔芸)

    メガネをかけて、手を使わずに表情の変化だけでメガネを外します。

    鼻のひくい人向けです。静まり返った状態でやるのは少し怖いですが、歌いながらやったり、手拍子を求めて勢いよくやったりして盛り上げれば、メガネを外すことに失敗してもウケるでしょう。

    事前に練習が必須です!鏡を見ながら面白いかどうかをチェックしておくのが無難。

    2:野々村竜太郎元議員(ものまね)

    この世の中を!ウグッブーン!ゴノ、ゴノ世のブッヒィフエエエーーーーンン!!ヒィェーーッフウンン!!ウゥ……ウゥ……(略)

    頭の中が真っ白になっても大丈夫なものまねネタです。いっそ感情のおもむくままに泣いてしまいましょう。もしかするときちんとやるよりも野々村元議員そっくりになるかもしれませんよ!

    3:スケッチブックリレー(ムービー)

    スケッチブックにメッセージを書き、それを各々が持った動画をつなげていくムービーです。

    編集が大変ですが、その分全員もれなく参加できるのがメリットです。謝恩会での先生への感謝を伝える出し物に最適です!

    受け渡すしぐさを入れたり、全員が1文字ずつ書き、合わせると文章になる方式にしたりと、アレンジしやすいのでおすすめです。

    4:アテレコ動画(ムービー)

    有名人の動画に勝手にアテレコして、おもしろいムービーを作りましょう。センスと技術が要されますが、そのぶん成功したときの盛り上がりはすごいことになるはずです!

    真面目なシーンでふざけた言葉を入れたり、その逆にしてみたりと、ギャップを作るのがコツ。

    「会場巻き込み型」の出し物例

    最後に、会場全体を巻き込める楽しい出し物をご紹介します。会場全体が一体になれるので、みんなが楽しめるのが魅力。事前準備が必要なものもあるので、しっかり用意する期間をとってチャレンジしましょう。

    1:ようかい体操第一(歌・ダンス)

    言わずと知れた、アニメ「妖怪ウォッチ」のエンディングテーマ。子どもはもちろん。10歳前後のお子さんを持つ30~50歳の大人にも知られているはずなので、盛り上がること間違いなしです。一緒に踊れるよう、披露する前に振り付けをみんなに教えてもいいですね。

    替え歌を作る、女装や妖怪コスプレをするなどの工夫をすれば、より盛り上がりそうです。これでスベっても妖怪のせい!?

    2:昔の写真当てクイズ(ゲーム)

    参加者の昔の写真をスクリーンなどに映し、誰の写真かを当てるゲームです。今はハゲているあの上司のロン毛姿……!などは、盛り上がること間違いなし!

    ただし、写真を集めるのに少し苦労しそうです。人選が偏らないよう、気をつけて選びましょう。

    正解を出すときは、言葉で言うのでなく、現在の写真を出すと盛り上がりますよ!できれば昔の写真と同じ格好や表情で写真を撮らせてもらいましょう。

    3:風船リレー(ゲーム)

    会場が広い場合は体を動かすゲームもアリですね。これは、紙風船をうちわで扇ぎ、落とさないようリレーしていくゲームです。

    チームを組んで行えば、ほかの参加者と仲良くなれそうですので、歓迎会など初対面の人が多い会で特におすすめです。

    ただし、くれぐれも事故にならないようお気をつけください!

    その他の出し物案

    ここまででピンとくるものがなかった方は、こちらもチェックしてみてください!

    1:事前テストの珍回答発表

    事前に参加者テストに答えてもらい、そのテストで出た珍回答を発表していくというものです。学校生活の集大成として謝恩会で行うもよし、会社の出し物として大人の珍回答を発表するもよし。

    問題づくりが肝心です。面倒くさくなく、難し過ぎず、簡単過ぎずない問題を意識しましょう。

    2:特別賞授与

    「一番○○したで賞」のように、勝手に賞を作って表彰するものです。賞を作る際はバカバカしいものもいくつか織り交ぜると場が沸きます!

    真面目なものを前半に、笑いを誘うものを後ろにもっていき、最後に感動するものを持ってくると一層それぞれが引き立ちます。

    3:ギネスに挑戦

    簡単に記録を達成できそうなネタをあらかじめ調べておき、当日達成を目指すというものです。ギネス認定されたら一生ものの思い出になりますね!もちろん達成できなくても、いい思い出になることまちがいなしです。

    「皆でひとつの目標に向かう」ことが場に一体感を与えます。

    考えるな、感じるな、とにかく……やるしかない!

    出し物をする際には、「絶対にウケなきゃいけない」と自分の中でハードルをあげ、自分を追い込んでしまうのはNG。このような心境に陥ってしまうと、泣きたくなるほど辛くなってしまいます。

    敵はいません。「自分は芸人じゃないんだから、スベっても仕方ない」と言い聞かせ、何も考えずに、やりきってしまいましょう!失敗しても、いつかステキな思い出になってくれますよ!

    (image by amanaimages1 2 3 4)

    このライフレシピを書いた人