\ フォローしてね /

プチ贅沢なお弁当!「ひつまぶしのメイソンジャー弁当」の作り方

メイソンジャーが流行しています。メイソンジャーでサラダを作ってランチにしている人も多いですが、食べごたえのあるランチにしたい時にはアレンジして「ひつまぶし」を持っていくのはいかがでしょうか。

うなぎが余った時、プチ贅沢をしたい時にできる「ひつまぶしのメイソンジャー弁当」は、ちょっとした記念日に持っていきたいお弁当です。

材料(1人分)

  • うなぎかば焼き……1人分
  • うなぎのタレ……大さじ1
  • ご飯……1膳
  • 輪切りねぎ……適宜
  • (あれば)おろしわさび、きざみのり、輪切りねぎ……適宜
うなぎは既にかば焼きになっている商品を使いました。夕ご飯のあまりを使ってもOKです。

作り方(調理時間:5分)

STEP1:メイソンジャーを煮沸消毒する

メイソンジャーはお湯で煮沸消毒しておきます。

STEP2:ご飯にうなぎのタレを混ぜる

ボウルに入れたご飯に、うなぎのタレを混ぜます。

軽く混ぜておくと、メイソンジャーの底の方のご飯もうなぎのタレ味が楽しめます。

STEP3:材料を切って混ぜる

うなぎは細かく刻みます。

細かく刻むことで、ひつまぶし感がアップ。その上、うなぎが少なくても食べた気分になります。

うなぎは半量をボウルに入れたご飯に混ぜ、全体を軽く混ぜておきます。

うなぎの刻んだものをご飯に混ぜることで、底のご飯を食べる時にもうなぎを一緒に楽しめます。

STEP4:盛り付ける

STEP3の半量をメイソンジャーに盛りつけます。

間に輪切りねぎを入れます。

輪切りねぎを入れると緑の色がアクセントになります。

残りのSTEP3を瓶に詰めます。

最後に、半分残しておいたうなぎを詰めて瓶の蓋をしたら「ひつまぶしのメイソンジャー弁当」の完成です!

作り方のコツ・注意点

スプーンを持参して食べましょう!メイソンジャーでランチにひつまぶしを楽しむことができます。

コツはご飯にうなぎのタレと細かく切ったうなぎを混ぜておくこと。あらかじめ混ぜておくと、底の方に到達してもひつまぶしの味を楽しめます。

食べかた提案

魔法瓶にかつおだしを入れて持っていき、輪切りねぎ、わさび、きざみのりを持っていけば外出先でも本格的なひつまぶしを味わうことができます!

途中まではそのままで、半分食べたらおだしを入れて食べてみると1つで2度おいしいお弁当になります。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。