\ フォローしてね /

塩昆布とさきいかが合う!「いかくんのなんちゃって松前漬け」の作り方

塩こんぶを使った浅漬けが手軽でおいしいので大好きです。塩こんぶの浅漬けで、珍しい食材で意外に合うのは「いかのくんせい」!ソフトタイプのさきいかを使って漬けると、松前漬けのような味わいの漬物になります。

「いかくんのなんちゃって松前漬け」と名付けました。そのレシピをご紹介します!

材料(2~3人分)

  • にんじん……中1本
  • ソフトさきいか(いかのくんせい)……1パック53g
  • 塩こんぶ……1パック31g
さきいかは固いものよりも「いかくん」と呼ばれるソフトタイプを使った方がおいしく仕上がります。

作り方(調理時間:10分)

STEP1:にんじんをつま切りにする

にんじんは皮、へたを取り、スライサーでつま切りにします。

スライサーがない場合は包丁で細めの千切りにしてください。

STEP2:材料を合わせる

大きめのボウルに、にんじん、塩こんぶ、適当な大きさにちぎったソフトさきいかを入れて軽く全体を和えます。塩こんぶの塩が全体になじんで、白っぽい色が昆布の黒い色になるまでが目安です。

STEP3:保存容器に入れて完成!

保存容器に入れて完成です。すぐ食べることができますが、味がなじむのは30分後から。

冷蔵庫に入れて保存もできますが、作った後は早めに食べきってください。

作り方のコツ

さきいかはソフトタイプを選ぶことがおいしさのコツです。あとは混ぜるだけ。水分は絞らず食べています。そのままで充分おいしいですよ。

昆布の塩気、さきいかの塩気で箸休めとしてもおすすめ。にんじん以外にも大根などでも応用ができます。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。