1. 料理
    2. 飲むヨーグルト入りで勇気100倍!「しょくぱんまん」の2つ山食パンの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    飲むヨーグルト入りで勇気100倍!「しょくぱんまん」の2つ山食パンの作り方

    家でパンを作ったら「しょくぱんまん」にするのはいかがでしょうか?作り方は簡単で、山食を作ったらスライスしてチョコレートペンシルで顔を描くだけ。

    材料には飲むヨーグルトを入れて、ふんわりと仕上げました。子供も喜んでくれる「しょくぱんまん」の2つ山食です。

    材料(1斤分)

    ポーリッシュ種

    • 強力粉(モナミを使用)……125g
    • 水……125ml
    • インスタントドライイースト……5g

    本ごね

    • 強力粉……125g
    • 飲むヨーグルト……60g
    • 塩……3g
    • きび砂糖(砂糖でも)……25g
    • オリーブオイル……20g
    ポーリッシュ種を作ると発酵時間が長くなるので、生地がふっくら仕上がります。なお、バターが品薄なのでオリーブオイルを使いました。

    デコレーション

    • チョコレートペンシル……1本

    作り方(調理時間:360分)

    STEP1:ポーリッシュ種を混ぜ、3時間置く

    ポーリッシュ種を混ぜ合わせ、室温で3時間程度置いておきます。

    STEP2:ポーリッシュ種と本ごね材料をホームベーカリーに入れる

    本ごね材料、ポーリッシュ種をホームベーカリーに入れて、パン生地コース・レーズンなしでセットします。

    ポーリッシュ種を作っておいて混ぜた方が、柔らかい伸びのいい生地になります。時間がない時は全て一緒に入れても構いません。

    STEP3:生地を1次発酵させ、2等分する

    ホームベーカリーの生地こね機能で1次発酵までおまかせです。

    ホームベーカリーの生地こね機能では、完了時に1次発酵まで終了しています。室温で1次発酵をする目安は、30分~1時間くらい。生地が2倍になるまで置いておきます。

    できたら、重さをはかって2等分。丸めてベンチタイム。室温で20分程度そのままにしておきます。

    STEP4:2次発酵させる

    食パン用の型に油を塗り、2等分して丸めた生地を入れます。

    低温機能のあるオーブンで35度60分。ない場合は温かい場所に置いて60分以上。型の8分目になるまで発酵させます。

    STEP5:焼成する

    発酵が終わったらオーブンを180度に温めます。焦げ防止のため、上から茶こしで分量外の強力粉をふっておきます。

    予熱が終わったら180度のオーブンで30分焼成。こんがり焼きあがるまで加熱します。

    STEP5:顔を描いて、完成

    焼きあがったら型から外し、冷まします。冷めてからパン切り包丁でスライスをして、お湯につけておいたチョコペンシルで「しょくぱんまん」の顔を描けば完成です!

    パンは冷めてから切ってください。温かいと柔らかくて上手に切れないことがあります。

    「しょくぱんまん」の2つ山食ができました!

    作り方のコツ・注意点

    コツはポーリッシュ種。時間をかけて生地を作っておくと伸びのいいふっくらした生地ができます。また、扱いやすいので食パンは冷めた後に切ってください。

    しょくぱんまんの顔を描いたパンは、子供にも大人気。1斤作ると何枚も作ることができるので顔を変えて作ってみるのも楽しいです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人