\ フォローしてね /

イタリア庶民の気軽な味!目玉焼き2つで「貧乏人のパスタ」の作り方

パスタには、シンプルなペペロンチーノから、魚介をたっぷりと使ったペスカトーレまで、いろいろなレシピがあります。ここでは、具には卵だけという超シンプルな「ポヴェレッロ」というパスタの作り方をご紹介します。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • 具材は卵だけ

    ソースの材料が家になくても作れるレシピ

  • イタリア庶民の味

    イタリアで食べられている庶民派のパスタ

  • ユニークな愛称

    現地では「貧乏人のパスタ」と呼ばれて親しまれている

「ポヴェレッロ」は、イタリア語で「貧乏人」という意味で、「スパゲッティ・デル・ポヴェレッロ」を直訳すると「貧乏人のスパゲッティ」という意味になります。

日本の感覚では料理の名前にするのはどうなのかと思ってしまいますが(イタリア料理には、このような名前の料理が多い)、シンプルに卵を味わえる、とても美味しいパスタです。

材料(1人分)

  • パスタ:100g
  • 卵:2個
  • パルメザンチーズ:大さじ1~2
  • オリーブオイル:大さじ1
  • にんにく:1片(チューブの場合2〜3センチ)
  • 粗挽き黒胡椒:適量
  • 塩:お湯1Lに対して大さじ1
好みでアレンジOK
にんにくを使わなくてもいいし、油はオリーブオイルではなくラードやバターを使ってもOKです。

作り方(調理時間:10分)

1パスタを茹で始める

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

どうして塩を入れるの?
塩は下味をつけるだけでなく、パスタに弾力を与える効果もあり、より料理がおいしくなります。スパゲティを茹でるときは、しっかりと塩を入れた湯を使いましょう。
茹で時間の考え方
パスタを茹でる時間は、麵に熱を入れ続ける時間と考えるとわかりやすいです。1.6mmのパスタで袋に7分と書いてある場合、茹で時間6分+フライパンで具材やソースと混ぜてあおる時間1分の計7分と考えると目安になります。作るメニューによってはフライパンの中で茹で汁と一緒に煮て味を染みこませる手順の場合もあります。フライパンで何分何秒使うかで逆算して茹で時間を決めてくださいね。

2にんにくを炒める

冷たいフライパンに、オリーブオイルとつぶして芽を取ったにんにくを入れ、弱火で炒めます。

にんにくの香りをオリーブオイルに移すように2~3分ほど炒めます。

にんにくは切らないほうが失敗しにくい
にんにくは火が通りやすく焦げやすい食材です。みじん切りで使うと焦がしてしまうかもしれないので、目玉焼きを作るときには切らずに使ったほうが失敗がありません。

3目玉焼きを作る

にんにくを取り出し、オリーブオイルをフライパン全体になじませて、卵を割り入れます。

パスタの茹で汁をお玉半分くらい入れます。

フタをして、1分くらい弱火で蒸し焼きにします。

目玉焼きのひとつを皿に取り出しておきます。

黄身がトロトロの状態で取り出す
取り出す目玉焼きは、黄身に火が通るか通らないくらいのトロトロ加減にしておきます。

4さらに火を通す

もうひとつの目玉焼きを、フタをしてさらに2分くらい蒸し焼きにします。

ややしっかりめに火を通します。

5目玉焼きを崩す

木べらなどで、目玉焼きをざっくりと崩します。

6パスタを和える

茹で上がったパスタをフライパンに移し、茹で汁をお玉半分くらい入れます。

強めの中火にかけながら菜箸で激しくかき混ぜます。

7粉チーズを和える

火を止めて、粉チーズをたっぷりと振って、ざっと大きく和えます。

8完成!

お皿に移して、取り出しておいた目玉焼きを乗せ、粉チーズと黒胡椒を振りかけてできあがりです。

黄身をパスタと和えながら食べるのがおすすめ
食べるときに、黄身を崩してパスタと和えながら食べてください。

気軽に作って楽しもう!

以前、イタリアの方が実際に作っているのを見たことがありますが、それはラードで炒めたパスタに目玉焼きを乗せただけのシンプルなレシピでした。

気軽に作って楽しむパスタなので、ご家庭にあるものでお好みのアレンジを試してみてくださいね。

みんなの感想

Twitter「モーメント」機能で、このレシピをつくってみた人たちの感想や参考になる情報をまとめました。

このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。