1. コミュニケーション
    2. ちょっとした言葉選びに気遣いを…ケース別「餞別」の書き方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ちょっとした言葉選びに気遣いを…ケース別「餞別」の書き方

    餞別(せんべつ)とは、引越し・異動・退職・旅行などをする相手に贈る金品のことです。お金を贈ることが多く、そのときには熨斗袋(のしぶくろ)に入れて渡しますね。

    その熨斗袋に、何と書けばいいか知っていますか?熨斗袋は目上の方、お世話になった方に贈ることもありますので、失礼があってはいけませんよね。今回は餞別のケース別の書き方を紹介します。

    用意するもの

    紅白の水引きの付いた熨斗袋

    正式な熨斗袋には、水引きと呼ばれる紅白のひもがついています。封筒に印刷されている場合もあります。

    この水引きが蝶々結びになっている状態のものと、固結びにして切ったような結び切りという状態の2種類があります。この2種類は餞別を贈る場面に応じて使いわけてください。

    詳しい使い分け方については、こちらのページが参考になります。
    「のし袋/ご贈答マナー」

    中袋

    熨斗袋には中袋または中包みと呼ばれる、実際にお金を入れる袋が付いています。中袋の表面に金額、裏面に住所、氏名を書きます。

    筆ペン

    「筆ペンで書かなければならない」という決まりはありませんが、パソコンなどで印字したものよりも自筆のほうが気持ちをこめられるのでよいと考えられています。

    共通する基本の書き方

    水引きの上段中央に「御餞別」「御礼」「おはなむけ」「お祝い」「寸志」などと書きます。

    水引きの下段中央には、自分の名前、もしくは会社の部署名を書きます。

    中袋にお金を包み、表には金額を「金〇〇萬円也」と書き、裏には自分の住所、氏名を書きます。

    中袋に金額を記入するときには、旧字体で記入するのが正式なマナーです。

    中袋がない場合、水引きの裏面に住所、氏名を書きます。

    中袋、水引きどちらも、結婚祝いのとき以外は裏面の住所、氏名を省略する場合が多いです。

    上段に書く言葉の注意点

    熨斗袋の上段に書く言葉には、場面によっては避けるべき言葉がいくつかあります。

    悪いシチュエーションの場合

    餞別を贈るときというのは、引越し、旅行などの単なるお祝いのときだけではなく、左遷、リストラ、病気による退職などの喜ばしくないときもあります。

    そんなときに「御礼」「おはなむけ」という名目でお金をもらったとしても、もらった方は複雑な気持ちになってしまいますね。ですから、お祝いではない場合には「御礼」「おはなむけ」と書くのは避けるようにしましょう。

    餞別を贈る相手が目上の人の場合

    目上の人に対して、個人が「御餞別」という名目でお金を渡すのも失礼とされています。この場合には「餞別」という言葉は避けましょう。

    では、以下からケース別の熨斗袋の書き方を紹介していきます。

    下段が部署名になっていれば、「御餞別」をつかってもよいとされています。

    転居・引越しの場合

    紅白の蝶々結びの水引きのついた熨斗袋を使います。

    上段に書く言葉は以下のなかから選びましょう。

    • 「御餞別」
    • 「御礼」
    • 「おはなむけ」
    • 「祝御新築」
    • 「祝御新居」
    • 「御新築御祝」
    自分より目上の人に贈る場合には、「御礼」か「おはなむけ」を使うのが無難です。

    異動・転勤の場合

    紅白の蝶々結びの水引きのついた熨斗袋を使います。

    上段に書く言葉は以下の中から選びましょう。

    • 「御餞別」
    • 「御礼」
    • 「おはなむけ」

    退職の場合

    紅白の蝶々結びの水引きのついた熨斗袋を使います。

    上段に書く言葉は以下の中から選びましょう。

    • 「御餞別」
    • 「御礼」
    • 「御退職御祝」
    年上や目上の方に対して「御餞別」を使うのはよくないと書きましたが、「定年まで勤め上げた人への敬意を表す」場合であれば、「御餞別」を使った方がいいです。

    旅行の場合

    紅白の蝶々結びの水引きのついた熨斗袋を使います。

    上段に書く言葉は以下の中から選びましょう。

    • 「御餞別」
    • 「おはなむけ」

    新婚旅行の場合

    紅白の結び切りの水引きのついた熨斗袋を使います。

    結婚に関する餞別を贈る際には、「結婚は一度きりでいい」という願いを込め、ほどけることがない結び切りの水引がついたものを使います。

    上段に書く言葉は以下の中から選びましょう。

    • 「御餞別」
    • 「おはなむけ」

    出張(海外出張・海外赴任)、留学の場合

    紅白の蝶々結びの水引きのついた熨斗袋を使います。

    上段に書く言葉は以下の中から選びましょう。

    • 「御餞別」
    • 「おはなむけ」

    おわりに

    餞別を贈るのは日本独特の風習なのかもしれません。餞別を書く際の決まりごとは、「人を想う気持ち」によって生まれてきたことを忘れずに餞別を書きたいものですね。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人