1. 料理
    2. お刺身が余ったときにおすすめ!刺身を「なめろう」にする方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お刺身が余ったときにおすすめ!刺身を「なめろう」にする方法

    nanapi

    お刺身にひと手間加えて「なめろう」にする方法をご紹介します。

    お刺身が余ってしまったときに、いつも通りにお刺身として食べるのが飽きたときにおすすめの食べ方です。

    材料

    • 刺身:100g(今回はハマチを使用しました)
    • 刻みネギ(大葉や茗荷もおすすめ):刺身の1/3くらい
    • 味噌:大さじ1
    • 醤油:小さじ1
    • コチュジャン:小さじ1(お好みで調節)
    • ニンニクチューブ:1cm
    • 一味唐辛子:1振り
    調味料の量
    味噌や醤油の量は刺身の残量や味の好みに合わせて加減してください。

    作り方(調理時間:10分)

    STEP1:たたく

    刺身を細かく刻んでおき、さらに包丁で叩いていきます。次第に細かくなるので、折り返しながら叩きましょう。細かさは好みに合わせてください。食感を残したいなら大きめでも可。

    ある程度叩いたら、ネギ、調味料を加えてさらに混ぜるように叩いていきます。

    好みの大きさになる少し前に加えるとベター。味が偏るので、よく混ぜてください。ニンニクや一味は好みで増減を。

    STEP2:お皿に盛って完成!

    しっかり混ざったら、成形してお皿に移して完成です。

    よくお料理紹介では網目にスジをつけたりしているので真似てみました。ひと口サイズの網目にしておくとよいようです。

    アレンジ例

    完成品を「レンジで焼き魚」で焼いて「さんが焼き」にも。また、ご飯に乗せてダシをかけてダシ茶漬けも抜群です。

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!