1. コミュニケーション
    2. イライラするのはもうたくさん!渋滞中の快適な過ごし方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    イライラするのはもうたくさん!渋滞中の快適な過ごし方

    このライフレシピのもくじたたむ

    毎年起こると分かっていても人間がはまってしまうもの、渋滞。「でかけたらダメだ、でかけたらダメだ」と心のなかでは唱えていても、まとまった休みになると出かけてしまいますよね。車の中は退屈で、一緒に来た人からはため息と白い目を頂戴し、運転手は運転手で車の流れの遅さにげんなりすることでしょう。

    そんな誰も得しないような渋滞を、時間を忘れて楽しく過ごせるような方法を紹介します。

    渋滞中の暇潰し術

    数字でゲーム

    渋滞という、使えるものが限られた状況の中でも事欠かないものがあります。

    それは数字です。前の車や左右の車のナンバープレート、時刻、電話番号とこれだけは尽きることがありません。この数字を使ってゲームをしていきます。

    答えが10になるように式を作ります。

    例えば前の車のナンバープレートが「1535」だとしたら、「(1+5)÷3×5で10だ!」といったように式を作っていきます。

    また上級編として以下のものがあります

    • +−×÷といった計算記号を全て使って最初の数字を10にします。
    • その時の時刻をすべて足した数になるよう、計算記号をすべて使って、ある車のナンバープレートの数を計算します。

    この上級編はかなり難しく、時には答えがでないこともあってイライラしてしまうかもしれませんが、計算は頭を使うので時間を忘れることができると思います。

    限定しりとり

    「しりとりはもう飽きた!」という方でも、このしりとりなら楽しめるのではないでしょうか。

    普通のしりとりではなく対象を絞ってのしりとりです。

    例えばお題を「動物の種類」や「◯色のもの」といったように、誰でも答えられるものに限定すると良いかと思います。難易度を上げすぎてあまりにもきついお題にすると、光の如く終わってしまったり、テンポがなくなってしらけてしまうのでご注意を。

    山手線(古今東西)ゲーム

    宴会や合コンなどではおなじみのゲームですが、暇潰しでやったりすると楽しいものです。

    ルールは、お題を1つ設定してそのお題に沿った解答を参加者がしていくというものです。同じ答えを2回言うことはできませんので注意!

    同じ出身地の人たちや、共通の趣味を持った人たちが集まっているのなら「◯◯県にある駅」「◯◯という歌手の曲名」といったお題にすると盛り上がれると思います。

    英語禁止ゲーム

    私たちは意外と気づかないうちに日々英語を使っているものです。その英語を使うことを禁止して会話していきます。

    「スタート(start)」や「アウト(out)」などといった英単語であらわせる言葉を口にしたら負け、といったゲームです。

    いかにいつも英語を使っているかを思い知らされ、その言葉を言い換えるボキャブラリーの多さが試されます。国語が苦手なことが知られたくなかったら勉強しましょう。

    おわりに

    渋滞は辛いですが、その辛い時間をみんなとより仲良くなるチャンスだと考えれば前向きになれるのではないでしょうか。

    また、罰ゲームとして敗者をきわどい質問攻めにするのも、お互いのことがよく知れて良いと思います。ただし、やりすぎると沈黙という名の地獄の扉を開いてしまうことになるので気をつけましょう。みなさんが渋滞に足をとられぬようにお祈りをしています。それでは良いGWを!

    (image by amanaimages1 2)

    このライフレシピを書いた人