\ フォローしてね /

かわいくて話題沸騰中!キャラ弁デビューにもおすすめな「リラックマいなり」の作り方

「リラックマいなり」は、インターネットでも話題のいなり寿司。うずら卵で鼻をつけたら、パンチで切った海苔で目をつけるだけ!簡単に作れるのに、とてもキュートです。

そこで今回は、キャラ弁デビューにもおすすめな「リラックマいなり」の作り方をご紹介します。酢飯はちらし寿司の素を使って手軽に作れるレシピです。春のお弁当に作ってみませんか?

材料(8個分)

  • ご飯…1合分
  • ちらし寿司の素(すし太郎を使用)…1袋
  • いなりあげ…1袋(8枚)
  • うずらたまご…4個
  • のり…1枚
  • マヨネーズ…大さじ1程度
ご飯はちらし寿司の素に合わせています。少し多めなので余るかもしれません。

作り方(調理時間:15分)

STEP1:ちらし寿司を作る

ご飯にちらし寿司の素を加えて混ぜ、ちらし寿司を作ります。

STEP2:いなり寿司を作る

いなりあげにSTEP1を詰めていなり寿司を作ります。

STEP3:うずら卵をつける

うずら卵を包丁で切ります。

マヨネーズをつけて、いなり寿司の中心に置いて鼻にします。

接着剤として使うのはマヨネーズ!フォークの背などで薄くつけると上手にできます。

うずらの鼻を全てのいなり寿司につけます。

STEP4:顔をつける

のりをパンチでカットして顔をつけます。

のりの裏にマヨネーズを薄く塗って、いなり寿司に乗せてくっつけます。目と鼻の位置は平行の位置にするとリラックマらしさが倍増します。

ダイソーで購入した「のりパンチ(07)」を使っています。本来は縦長の目とにっこり笑った口なのですが、目は横長において、にっこり笑った口を2つ合わせてリラックマの口にしています。

STEP5:完成!

全てのパーツを乗せたら完成!お弁当箱に詰めましょう。

作り方のコツ・注意点

お弁当箱にぎっしり詰めて、リラックマがこちらを向いているようにすれば「リラックマいなり弁当」のできあがり。リラックマのお弁当グッズを一切使っていませんが、のりパンチの目と鼻でリラックマに見えますよね。

接着剤代わりになるマヨネーズは小皿に出してフォークの先や背にとって少量ずつつけるのが、上手に仕上げるコツ。キャラ弁初心者の筆者でも簡単にできたので、入門編としてもおすすめです!

ぜひ参考にしてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。