\ フォローしてね /

端午の節句は大福でお祝い!「磯の香りの大福」の作り方

端午の節句にいただくお菓子といったら柏餅が多いですが、子どもたちは柔らかい大福が大好きですよね。そこで、今年はちょっと変わり種の大福で端午の節句をお祝いしませんか?

ここでは、青のりを入れた「磯の香りの大福」の作り方をご紹介します。

材料(4個分)

  • 白玉粉…40g
  • 上新粉…10g
  • ぬるま湯…90cc
  • 青のり…小さじ1/2
  • 茹で小豆缶詰…60g
  • 片栗粉…適量

作り方(調理時間:20分)

STEP1:茹で小豆を分ける

缶詰の茹で小豆は、15gずつ固まりにして分けます。

STEP2:粉類とぬるま湯を混ぜる

耐熱ボウルに白玉粉と上新粉を入れ、ぬるま湯を少しずつ入れながら、滑らかになるように混ぜ合わせます。

STEP3:レンジで加熱する

ラップを軽くかけ、600Wの電子レンジで40秒程加熱します。取り出したらヘラで練りまぜ、再度電子レンジで30秒程加熱し練り混ぜます。

STEP4:青のりを加える

透明感が出た求肥に青のりを加え、混ぜ合わせます。

STEP5:求肥を4等分する

片栗粉を敷いた上に求肥を取り出し、4等分に切り分けます。

求肥はくっつきやすいので、片栗粉を付けながら作業しましょう。

STEP6:餡を包む

求肥を丸く伸ばし、ひとかたまりの餡を乗せて包みます。

STEP7:完成!

おかず入れなどに一つ一つ入れて、お皿に盛り付けたら完成です。

作り方のコツ

求肥を加熱してからは、熱いうちに餡を包みましょう。また、中に包む餡は、こし餡でも美味しくできます。お好みのものを入れてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。