\ フォローしてね /

このサービス、実はアノ会社のものだったなんて!意外な親子会社&事業まとめ

私たちの身の回りにある、飲食店やスーパー、コンビニエンスストア。夕飯の買い出しのためにスーパーを利用したり、お菓子を買うためにコンビニに立ち寄ったり…と、使わない日なんてない!というほど、日常生活に溶けこんでいますよね。

こうしたお店を利用するとき、別々のお店で購入しているわけですから当然運営している企業も別だと考えがちですよね。しかし、実は意外にも「あのお店とこのお店、実は同じ会社が運営してる!」ということがあるんです!

今回は、そんな会社と事業の意外なつながりについて調べてみました。「あの会社が、こんな事業も展開していたなんて!」という新たな発見があるかもしれませんよ!

ロイヤルホールディングス…食に対する熱い熱意で展開

ロイヤルホールディングスは、外食から機内食、ホテルなど幅広い事業を展開している会社です。最も有名なのは、ファミリーレストランの「ロイヤルホスト」かと思いますが、この他にも様々な飲食店を運営しています。

天丼てんや

天丼・天ぷら専門店の「天丼てんや」は、ワンコインで食べられる手頃さから人気を集めているチェーン店です。さくさくの衣に包まれたエビと香ばしいタレは、まさに絶品ですよね!

ロイヤルグループというと、「ロイヤルホスト」のイメージから洋食を思い浮かべがちですが、こちらの「天丼てんや」も子会社として運営しています。一口に外食事業といっても、和食から洋食まで幅広く展開しているところから食に対する熱い思いがうかがえますね。

Shakey's(シェーキーズ)

「Shakey's」は、ピザやパスタなどを提供しているアメリカ発のチェーン店。お店の売りであるピザはもちろんですが、サイドメニューのフライドポテトやフライドチキンも美味しいことで有名です。

ロイヤルグループの食の熱意は、ピザチェーン店にも!ファンが多い「Shakey's」ですが、その理由にはこうした親会社の影響も大きそうです。

DUSKIN(ダスキン)…フランチャイズを学ぶきっかけは

掃除道具でおなじみのダスキンですが、掃除関連事業の他に飲食事業も展開しています。

ミスタードーナツ

「ミスタードーナツ」といえば、もちもちした食感がクセになるポン・デ・リングが頭に思い浮かべる人も多いはず。最近では、デニッシュとドーナツを組み合わせた生地の「ブルックリン D&D」など新しいドーナツの展開にも力を入れています。

一見何の関連性もないように見えるダスキンと「ミスタードーナツ」ですが、同じ会社が運営しています。なんでも、ダスキンの創業者が日本にまだ馴染みのなかった「フランチャイズ」を学びにアメリカへ渡った際に、「ミスタードーナツ」を紹介されたのがきっかけなんだとか。美味しいドーナツを日本にも広げよう、というダスキン創業者の思いがあったからこそ、今日本に「ミスタードーナツ」が存在しているんですね。

すかいらーく…和食、洋食、中華を網羅するファミレス

「すかいらーく」は、和食、洋食、中華と様々なファミリーレストランチェーンを運営している会社です。以前は、「すかいらーく」という名前のファミリーレストランもありましたが、現在はなくなっています。

バーミヤン

「バーミヤン」は、本格中華をお手頃価格で食べられるファミリー層に人気のファミリーレストランです。特に、餃子は本格的で「バーミヤン」に行ったら必ず食べる、という人も多いのではないでしょうか。

中華に特化することで、独自路線を貫いている「バーミヤン」。こうしたコンセプトでお店を運営できるのは、やはりファミレスを古くから経営しているからこそ、と言えますね。

ガスト

低価格で高品質な料理を楽しめる、「ガスト」。そのコストパフォーマンスの高さから、中高生はもちろん大人にも親しまれているお店です。

コストを抑えることで、ファミリー層が中心だった客層を広げた、「ガスト」。こうした運営方法から、すかいらーくがいかにファミレスを熟知し差別化を常に考えているかがうかがえます。

セブン&アイホールディングス……コンビニだけじゃない幅広さ

セブン&アイホールディングスとは、コンビニエンスストア、スーパー、百貨店など幅広い流通事業を取り扱う会社です。コンビニエンスストアの「セブン-イレブン」を運営するセブン-イレブン・ジャパンや、総合スーパーの「イトーヨーカ堂」などが子会社化されていますが、この他にも様々な子会社があります。

LOFT

中高生から大人まで、幅広い世代に支持されている雑貨店「LOFT」。文具や掃除用品、アウトドア用品などありとあらゆるものが揃っているので、ついつい目的のもの以外の商品も購入してしまう…なんてことよくありますよね。

このように豊富な種類の商品が揃えられるのは、グループ会社として一丸となっているからなのかもしれません。

赤ちゃん本舗

乳幼児向けやマタニティー用品などを扱うチェーン店の「赤ちゃん本舗」。おむつやミルクの消耗品やおもちゃなど何かとお金がかかるベビー用品が安く買える、とお母さんから絶大な支持を受けています。

ベビー用品に特化することで、新たな客層の開拓に成功した「赤ちゃん本舗」。セブン&アイホールディングスが流通事業に精通しているからこそ、こうした新しい試みに着手できるんですね!

TOWER RECORDS

「NO MUSIC NO LIFE」のキャッチコピーで有名な「TOWER RECORDS」は、音楽好きが集うCDショップチェーン店です。こちらの「TOWER RECORDS」も、セブン&アイホールディングスの一員なんです。

雑貨や生活用品にとどまらず、音楽まで運営の触手を伸ばしているんですね!このつながりは、知らなかった方も多いのでは?

ぴあ

チケット事業で有名な「ぴあ」。コンサートや演劇などのチケット購入サービスのイメージが強いかと思いますが、レシピ本や旅行ガイドなどのカルチャーを中心とした出版事業も行っています。

セブン&アイホールディングスは、「ぴあ」も子会社として運営しています。人びとの趣味嗜好を網羅しているところをみると、さすがの一言ですね!

吉野家ホールディングス…「うまい、やすい、はやい」はうどんにも

「うまい、やすい、はやい」のキャッチコピーでおなじみの「吉野家」。食費を浮かせたいとき、時間をあまりかけられないときなどに、「吉野家」の牛丼は頼りになりますよね。

そんな「吉野家」を経営している吉野家ホールディングスは、その他に「吉野家」とは全く違う分野の飲食店を運営しています。

はなまるうどん

つるっとした麺が特徴的な讃岐うどんが格安で食べられる「はなまるうどん」。味や価格はもちろんのこと、自分でトッピングを選択できる「セルフ式」注文も、その自由度の高さと提供時間の早さから人気を集めています。

そんなはなまるうどんは、実は吉野家ホールディングスが運営している子会社。牛丼とうどん…同じ飲食店とはいえ不思議な組み合わせですが、言われてみれば両店舗ともに「うまい、やすい、はやい」の精神が取り入れられていますよね。

企業理念でつながっている!

こうした親子会社関係や意外な事業をみてみると、異なる事業をやっていても企業理念ではつながっているというところが多くあることがわかりますね。

どの企業も、私たちの生活をより豊かにするため、努力していることが伝わってきたかと思います。この他にも、あまり知られていない企業の関係性はまだまだあると思うので、気になる方は調べてみてくださいね!

(image by amanaimages1 2)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。