\ フォローしてね /

ピクニックに手作りお弁当!おすすめレシピまとめ

春が近づいてくると、陽気に誘われて外に出たくなりますよね。そんなときはためらうことなく、ピクニックをしに出かけましょう。

ピクニックに不可欠なものといえばお弁当。おいしいお弁当を作って、外に一歩踏み出せば、どこまでも歩いて行けそうな気分になるでしょう。

今回はそんな春のピクニックにピッタリのお弁当のレシピをまとめてみました。

ご飯にする?パンにする?主食のレシピ

シャケマヨと炒り卵のおにぎらず

にぎらずに作れる「おにぎらず」のレシピ。ご飯と具をのりで巻くだけで作れてしまいます。シャケのピンクと卵の黄色という色味もかわいいので、お子さんも喜んでくれそうですね。

フランスパンでサンドイッチ

ちょっとおしゃれな大人のサンドイッチ。中身も人参サラダとサバという、定番を外した通好みのものをチョイスしています。

人参サラダは切る、炒めるという2ステップで作れますし、サバは焼くだけなので、作るのはとても簡単です。短時間で作れるオシャレメニューですね。

ロールパンサンドウィッチ

切れ目を入れて具材を挟むだけの簡単サンドウィッチです。片手で食べられるくらいの大きさや、コロンとしたフォルムもかわいいですね。洋風なおかずのお供にいかがでしょうか。

どれから食べる?おかずのレシピ

椎茸のアボカドマヨ焼き

椎茸のかさの部分を皿に見立て、中にアボカドとマヨネーズを乗せて焼いたメニューです。マヨネーズの焼き目が食欲をそそり、椎茸嫌いのお子さんも知らず知らずのうちに食べてしまいそうです。

おかずカップで目玉焼き

爆発の危険があるため、レンジで卵を調理するのはご法度とされてきましたが、このレシピだとレンジで目玉焼きが作れてしまいます。

おかずカップで作るので洗い物も少なく済み、時短ができて便利です。

カラフル卵焼き

ほうれん草とカニカマが入った卵焼きです。色がきれいでボリュームもあるので、お弁当に華を添えてくれるでしょう。卵の中にマヨネーズを入れて作るので、冷めてもふわふわした食感を楽しめます。

じゃがいもとチーズの和え物

火を使わずに簡単に作れるじゃがいもとチーズの和え物です。じゃがいもをレンジで加熱したあと、適度な大きさに潰したら、あとは切ったチーズを混ぜるだけという超簡単メニュー。別のメニューを作っている合間に作れます。

ポテトミートグラタン

「ポテト」ミートグラタンといいつつ、使用している食材は「じゃがりこ」というビックリメニューです。味や食感はちゃんとじゃがいもになるようです。

ハーブチキン

ちょっぴりイタリアン風味が楽しめるハーブチキンのレシピです。レンジ用のスチーマーがあればすぐにできます。冷めてもジューシーで、パサパサになったりしないので、お弁当にもぴったりですね。

ピーマンと鶏肉の甘味噌麹焼き

味がしっかりしているので、冷めてもおいしく食べられます。ピーマンと鶏肉を切って味噌だれに漬けて寝かせ、焼けば完成。時間がないときは寝かさずに焼いてもOKです。ごま油と味噌の香ばしさが食欲をそそります。

小松菜サラダ

ごまダレとポン酢で味付けした、あっさり味の小松菜とちくわのサラダです。酢の物感覚で箸休めにどうぞ。

ご飯のあとの楽しいひととき……デザートのレシピ

オレンジ寒天

オレンジジュースを使ったさっぱりしたデザートです。このレシピはオレンジジュースのみを使っていますが、みかん缶を使ってごろごろした果実入りにしてもちょっと豪華でいいですね。さまざまなアレンジを加えてみてください。

さつまいもきんとん

お芋の甘味を感じる、ほっと一息つけるようなデザートです。冷凍保存ができますので、ピクニックに行く前の夜に作って冷凍しておけば、そのままお弁当箱に入れることができます。

おしるこ寒天

市販のおしるこ缶と寒天で簡単に作れます。甘党でない方は、砂糖を加えなくてもおしるこの甘みだけで十分満足できるようです。緑茶が恋しくなるような和風デザートになっています。

お弁当を持ってピクニックに出発!

お弁当が上手に作れると、ピクニックがより楽しみになりますよね。たくさん作って、みんなといっしょにピクニックに出かけましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。