1. 雑学
    2. 免税店は日本人でも使えるの?知っておきたい基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    免税店は日本人でも使えるの?知っておきたい基礎知識

    免税店で「品物が安く買える!」という思いで頭がいっぱいになり、目の前の品物に飛びついて店員さんに白い目で見られてしまった、という経験は海外旅行者あるあるですよね。

    単純に「商品が安くなる!」と考えて品物を買い漁ってしまいがちな免税店。現在は空港以外にショッピングモールなどでも目にすることが多くなってきましたが、そもそもなぜ安くなるのか、誰に対して安くなるのかはっきり説明できるという人は少ないのではないでしょうか。

    今回はそんな、私達の身近なものになってきた「免税店」がどういうものなのかについて説明します。

    免税店って何?

    免税店とは、外国人旅行者に商品を販売する際に、値段からその商品にかけられた税金を差し引いて販売できるお店のことです。税金を免除するので「免税店」なんですね。

    免税店で差し引かれている税金は、主に以下の3種類です。

    • 消費税
    • 酒税
    • たばこ税

    空港内にある免税店ではこれらの3種類が引かれることになっています。

    なぜ「免税」という特別なことが許されるのかというと、外国人が日本で買ったものは日本では使われず、日本から「輸出」するという形になるからです。輸出品には消費税がかけられないので、免税されています。

    しかし、繁華街やショッピングモール等にある免税店では、引かれるのは消費税のみです。なぜなら、酒、たばこ等の消耗品は日本で使ってしまう可能性があるからです。

    どこまでが「外国人旅行者」?

    免税店で免税された商品を買うことができるのは外国人旅行者です。

    そして免税店に関する規定の中では、外国人旅行者は「非居住者」ともいわれています。では、「非居住者」とはなんなのでしょうか?

    「非居住者」とは、基本的には「外国人」なのですが、例外もあります。例えば日本の場合なら「日本国内にある事務所に勤務する人」「日本に入国後6ヶ月以上たった人」は外国人でも免税店の免税対象にはなりません。

    日本人は免税店を使えないの?

    では日本人は免税店に行っても意味が無いのかというと、そういうわけではありません。

    条件に当てはまる場合は、日本人であっても免税店で免税されたものを買うことができます。

    免税店の対象者については、こちらのページも参考になります。
    免税店とは/国土交通省観光庁 消費税免税店サイト

    多くの免税店では、パスポートを掲示すれば消費税を差し引いた金額で商品が買えます。また、消費税込みで一旦購入しておいて、その後その店の別のデスクで必要書類を提示すると消費税が帰ってくる、という方法も最近日本では導入されました。

    どんな店でも免税店になれる?

    「外国人のお客さん増やしたいから今日から免税店です!」と簡単に免税店になれるわけではなく、正式な届け出を出し、税務署に認可された店舗のみが「免税店」を名乗ることができます。

    認可を受けるにあたってはいくつかの審査があります。

    どんな部分を審査されるかを大まかに分けると「外国人の利用が多い地域なのか」と「その店に信用があるかどうか」の2点に分けられます。海外に行って買い物をする場合は、免税店で買い物をするのが一番安心なのかもしれませんね。

    免税店で安くなるもの

    その商品にかけられている税金分が安くなるということなので、かけられている税率が高ければ高いほど免税店では安くなります。

    日本にはたばこ税、酒税といったものがあるのでタバコ、酒類は免税店で買ったほうが安くなります。

    しかし、買い込みすぎると今度は入国のときに高い関税がかかることがあります。そうなると何のために免税店で買ったのかよくわからないので、買い過ぎは控えたほうがいいですね。

    確かに安くなる、でも油断は禁物!

    免税店では「これはだいぶ安くなってるな…」と思えるものもいくつかありますが、調子に乗って買いすぎてしまうと、国に帰ってからの関税手続き、支払いに悩まされることもあります。必要なものを必要な分だけ買えるようになるといいですね。

    (image by amanaimages1 2)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ