\ フォローしてね /

初心者向けでもかわいい!「ミッフィーのキャラ弁」の作り方

キャラ弁で難易度が圧倒的に低いのが「ミッフィー」。ご飯とのりの2つの材料があればできて、「のりパンチ」を使うとすごく楽です。

しかも子供に人気のキャラクターで、目の位置などコツさえ覚えてしまえば5分程度でできます。筆者もキャラ弁初心者ですが、失敗する気がないのが「ミッフィーのキャラ弁」です。これからキャラ弁デビューするママにおすすめです!

材料(1人分)

  • ご飯・・・1膳分
  • のり・・・1枚
  • お弁当のおかず
ご飯部分をミッフィーの形にします。ご飯は3等分にして、顔部分は若干多めの量にするとバランスがいいです。隙間におかずを詰めるので卵焼きなどのおかずも用意してください。

作り方(調理時間:5分)

STEP1:顔を作る

ラップで顔部分を丸く成形します。

ラップを使うと成形が楽です。ふんわり握ります。

お弁当箱に配置します。

STEP2:耳を作る

うさぎの耳を作ります。顔同様、ラップを使って長く成形します。

STEP3:耳を配置する

うさぎの耳を配置します。

ミッフィーの絵を見ながら配置しました。顔に垂直に耳がはえていて、耳と耳の間は少しだけ隙間があいています。

STEP4:目、口をつける

のりパンチで作った目をつけます。

目は平行に並べます。ミッフィーは目の間が広いので、目と目の間を広げて置くとミッフィーらしくなります。

口はウインクしている目の「<」を2つつなげて作ります。上から軽くのりを押して固定しましょう。

「<」を反転させて「>」にして、口の「×」を作っています。

STEP5:できあがり!

できあがりです。おかずを詰めれば「ミッフィーのキャラ弁」です!

ご飯の形が気に入らなければ、水かぬるま湯をつけた手で整えることができます。

作り方のコツ・注意点

コツは、顔の表情はのりパンチを使うこと。最近では100均でも売っているので、使えそうなものを使ってみてください。ミッフィーは目と目の間が広いので、表情は絵本などを見ながら作るのがおすすめです。

白いご飯と黒いのりだけでできるキャラ弁なので材料を揃える手間もなく、のりパンチを使えば難易度も低く簡単!キャラ弁デビューにもイチオシです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。