1. 料理
    2. ボリュームもある節約レシピ!「あげだし豆腐」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ボリュームもある節約レシピ!「あげだし豆腐」の作り方

    給料日前にうれしい節約レシピ「あげだし豆腐」の作り方をご紹介します。豆腐をそのまま食べるより、ボリュームがあり食べた気がします。

    材料(4人分)

    • 豆腐・・・2丁(330g×2個)
    • 片栗粉・・・大さじ5
    • 生姜・・・一片
    • サラダ油・・・適量
    • 水・・・300cc
    • 醤油・・・大さじ2
    • 酒・・・大さじ1
    • みりん・・・大さじ1
    • 顆粒だしの素・・・半袋

    作り方(調理時間:15分)

    STEP1:豆腐の下ごしらえ

    豆腐の水切りをします。さっと洗った豆腐をまな板の上に置き、9等分に切ります。まな板の下に何か(今回は生姜のかたまり)を置き、少し傾けます。15分位、そのままにしておきましょう。

    豆腐から水分が出ると、揚げた時に油がはねて危険です。

    STEP2:掛けつゆを作る

    鍋に水300cc、醤油大さじ2、酒大さじ1、みりん大さじ1、顆粒ダシの素半袋を入れます。中火にかけて、沸騰してきたら火を止めます。

    STEP3:生姜をする

    生姜をすります。

    STEP4:衣をつける

    片栗粉大さじ5を平たい容器に入れ、豆腐を一個ずつ取り、豆腐の全ての面に、片栗粉がつくように丁寧にまぶします。

    豆腐に片栗粉がついていない部分があると、揚げている時に油がはねて危険です。

    STEP5:揚げる

    天ぷら鍋に豆腐が半分位浸かる位の油を入れます。油が180度位になれば、豆腐の余分な片栗粉を払いながらそっと入れます。

    火加減は、ガス台によっても違いますが、著者宅は中火です。

    油にさい箸を入れた時、さい箸から泡が出れば180度前後だそうです。

    片面2分位掛けて、薄いキツネ色になれば引っくり返します。全ての面に色がつけば出来上がりです。

    STEP6:掛けつゆを温める

    揚げている間に、掛けつゆを温めます。

    STEP7:器に盛って完成

    揚げあがった豆腐を器に盛り、生姜をのせ、熱い掛けつゆをかけて出来上がりです。

    作り方のコツ・注意点

    揚げる際、豆腐同士がくっつかないように、隙間を作りながら入れます。くっつくと衣が剥げてしまいます。

    また、豆腐の水分に注意しましょう。水分があると、油がはねて危険です。そして油の火加減に注意しながら揚げましょう。

    ぜひ参考にしてくださいね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人