\ フォローしてね /

旨み凝縮!「スナップエンドウのチャンプルー」の作り方

春の味覚スナップエンドウを使って食べ応え抜群のチャンプルーを作りました。

彩りも豊かで、食卓に一足早く春を運んできてくれるレシピです。

材料(4人分)

  • スナップエンドウ:10本
  • ベーコン:100g
  • 木綿豆腐:半丁(70g)
  • 卵:2個
  • 人参:1本の半分
  • 調理酒:大さじ2
  • しょうゆ:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • 和風だしの素:小さじ1
  • ごま油:大さじ1
  • 塩、こしょう:適量

スナップエンドウチャンプルーの作り方

STEP1:スナップエンドウの下処理をする

スナップエンドウをよく洗ってから筋を取り除きます。

筋を取ったスナップエンドウをシリコンスチーマーに100mlの水と共に入れ、1000Wの電子レンジで2分加熱しておきます。

シリコンスチーマーがない場合には、鍋で中火3分ほど下茹でしてください。

STEP2:豆腐の下処理をする

豆腐は耐熱皿にのせ1000Wの電子レンジで2分加熱したあと、キッチンペーパーで水気を軽く取り除きます。

その後、2〜3cm角のさいの目切りにカットします。

STEP3:ベーコン、人参をカットする

ベーコンは、幅2〜3cmにカットしておきます。

人参は5cmの長さの短冊切りにしてから、1000Wの電子レンジで2分加熱しておきます。

STEP4:調味料は事前にすべて混ぜ合わせておく

酒、しょうゆ、砂糖、だしの素、ごま油、塩こしょうはすべてひとつの容器に事前に混ぜ合わせて、あらかじめ準備しておきましょう。

また、卵も別容器に割り入れ、溶き卵にしておきましょう。

STEP5:材料をフライパンに入れて炒めていく

最初にベーコンをフライパンに入れ、焼き色がつくまで中火で1、2分炒めます。

次に、スナップエンドウと人参を入れ、中火でさらに3、4分炒めます。

野菜がしんなりしてきたら豆腐を入れ、さらに中火で2、3分炒めます。

材料をフライパンの端に寄せ、空いたスペースに溶き卵を入れ、卵が半熟状になるまで弱火で2、3分炒めます。

卵が半熟状になり火が通ってきたら、フライパンの端に寄せていた他の具材と一緒によく混ぜ合わせます。

弱火で1、2分炒めたところで火を止め、事前に合わせておいた調味料を入れます。調味料を入れたら、火をつけ中火で3、4分調味料が材料になじむまでよく炒めます。

STEP6:完成!

お皿に盛り付けて完成です。

作る際の注意点

おいしく作るポイントは、炒める際の火加減です。卵は火が入りすぎてしまったり、はじめから他の具材に混ぜて炒めてしまうと存在感がなくなってしまうので、ある程度フライパンの別のスペースで半熟状にしてから混ぜることがおいしさの秘訣です。

また、調味料を入れてからは焦げないように、よく炒めて材料に味をからませると味がしみておいしいチャンプルーになります。

おわりに

ベーコンをスパムや豚肉に替えてもおいしいチャンプルーになります。野菜も人参だけでなく、もやしやキャベツ等、さまざまな野菜で代用可能なので、冷蔵庫に残っている野菜を加えてぜひ作ってみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。