1. コミュニケーション
    2. 男たちよ、戦え!合コンの2時間を耐えぬくための想定問答集

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    男たちよ、戦え!合コンの2時間を耐えぬくための想定問答集

    合コン、それは男の腕前が試される戦いの場。

    特に合コンに参加する女性の多くは「どれだけ私たちを楽しませてくれるのかしら?ふふっ」と不敵な笑みを浮かべて観客席から見物しています。観客をどれだけ楽しませることができるかで、勝敗が決まる真剣勝負。

    男気や度量はもちろん、コミュニケーション能力、恋愛偏差値、人間力などあらゆる能力が試される場です。それでは2時間たっぷりの戦いのショーをお楽しみください。

    ラウンド1:インファイト質問(所要時間30分)

    ステージに上がる本番前。軽い準備体操として使いたいのがインファイト質問です。これは参加者女性との共通点を少しでも多く見つけるための重要な要素。ひとことで答えられるような簡単な質問をシャワーを浴びせるかのごとく、たくさん投げかけましょう。

    • 名前は?
    • 何歳?
    • みなさんはどういった繋がり?
    • 血液型は何型?
    • 趣味は何かある?
    • 出身はどこ?
    • 大学はどこ?
    • 仕事は何してるの?
    • 兄弟はいる?

    一見したところ当たり障りのないように思えますが、これは本番へとつなげる重要な項目のひとつ。ここで聞いた質問を覚えておき、あとでうまく会話にはさむことで「私の言ったことをちゃんと覚えていてくれたのね…」と好感度が一気にアップします。

    もちろん、質問以上に大事なのはリアクション!「へ〜そうなんだ」「ふーん、いいね」程度の返しをすると「自分から聞いておいてなんなの!?興味なさそうに…!!」と女子は憤慨してしまいます。「へ〜マジか〜!!」「わかるわー!!」とビックリマークが2個以上つくのを意識して、かなりオーバーに返答しましょう。

    このとき、常套手段として相手の言葉をオウム返しにするのもよし。声が小さくて何を言っているのか聞き取れない女子には、とりあえず「たしかにー!」と答えておけば間違いありません。

    ラウンド2:ノーガード質問(所要時間10分)

    準備体操を終えたら、いよいよ軽いジャブを。簡単なように見えてなかなかリスクが高いのがこちらです。質問しているように見せかけて、自分が相手からどう思われているのかを探るという手法。失敗すれば「厄介な自分大好き人間」、成功すれば「なんかよくわかんないけど面白そうな人」へと昇格するでしょう。

    • モノマネするから当ててみて?
    • 俺って誰に似てると思う?
    • 血液型なんだと思う?
    • 何歳に見える?
    • どんな女の子と付き合ってそう?

    攻めは短い10分間で決めましょう。この時間が長引くと女子はゲンナリし、スマホを持ってトイレに滞在する時間が増えてしまう可能性大。女子たちの間で「マジ、あいつ超うざいよね」なんて選評会が繰り広げられることのないよう、逆質問はショートタイムでの攻めが吉!

    質問は最大でも3つまで。それ以上連続で逆質問を続けると萎えさせてしまいます。

    ラウンド3:アッパーカット質問(所要時間1時間)

    一通りの質問を終えてなんとなく場があたたまってきたら、いよいよ勝負です。女子の好きなタイプや理想の恋愛像について果敢に攻めていきましょう!

    • どんな人がタイプ?芸能人でいうと誰?
    • どんな仕草が好き?
    • 初恋の思い出ってある?
    • どんな男に「ないわ〜」って思う?
    • 一番最悪だったデートってどんなの?

    基本的に合コンによく参加する女性は同性同士で集まると恋愛の話ばかりしています。恋話が嫌いな人はほとんどいないはず。若干男性をディスるくらいのネタをふったほうが本音をぶちまけてくれるでしょう。「初デートの吉祥寺でガイドブックを持ってきた超ダサい男の話」やら「イタ飯と言いながらサイゼリヤに連れて行かれたありえない男の話」などを披露してくれるかもしれません。

    かなり辛辣なコメントの数々でしょうが、決して耳をふさがず「はは〜マジそれウケるわ〜」と笑っておきましょう。

    ラウンド4:クロスカウンター質問(所要時間20分)

    そしてラスト20分では一か八かで勝負を賭けるべし!あたって砕けろのデートにつなげるクロスカウンター質問はこちらです。

    • 好きな食べ物は何?
    • 休日によく行く場所はどこ?
    • 最近気になってる映画とかある?

    好きな食べ物、休日に行く場所、映画などの聞き込いてからの「じゃあ今度○○行かない?」とつなげるガチンコ勝負。チャンピオンへとつながるこのパンチ、決して瞳をそらしてはいけません!この勝負さえクリアできれば、合コン後にLINEで「いつにする?」と聞けばいいだけ。いかついチャンピオンベルトはすぐそこです。

    この質問は狙いを絞って行うのが◎。たいていの場合、合コン語に女子は女子会を開くもの。欲張ってすべての女の子にメールをすると、簡単にバレてしまいます。「あいつからメールきた」「あ、あたしもきた」「コピペかよ~」「ていうかこの顔文字マジなくない?」なんてネタにされてしまうことも。女子の情報網をなめたらいけません!

    ラウンド5:盛り上がりそうな質問

    上記であげたもの以外に盛り上がりそうな質問といえば共通の話題になりそうなものを選ぶこと。質問を浴びせ続けて女子が疲れていたりうんざりしているような顔をしたら、こちらの質問を取り入れてみてください。

    芸能人のゴシップネタ

    「この間○○と結婚した芸能人って誰だっけ?」

    ネットニュースで話題になっているような下世話なネタをチョイス。男性は興味がない人が多いかもしれませんが、女子のなかには異様に食いつく人もいます。特に「年の差婚」や「結婚」の話題は盛り上がるもの。「超可愛いよね~」「お似合いだよね~」「びっくりした~」とリアクションしてくれるはずです。

    最近流行っているドラマ

    「月9見てる?あれめっちゃおもしろくてハマったんだけど!」

    テレビを見ていそうな女子には話題のドラマの話を振りましょう。「次回がめっちゃ気になるよね」という話だけで5分はもつはず。次回予測などをして盛り上がるのもよさそう。ただし、ドラマを知らない女性がいる可能性もあるので、相手の表情を確認しつつ慎重に質問をふりたいところ。

    可愛い動物の写真

    「この前すげー可愛い子犬見つけちゃってさ、ちょっと見てよこれ。可愛くね?」

    「カワイイー!」を連呼する女子にはカワイイー動物の画像を。子猫や子犬、うさぎなどの写真をあらかじめストックしておきましょう。動物好きな優しい男をアピールするチャンス!「画像送ろうか?」と聞けば連絡先交換へもスムーズに運べるはず。

    最近流行ってるもの

    「最近の女の子の間では何が流行ってるの?」

    「最近の女の子」という言葉には、若さとイマドキっぽさが含まれているため、女子が言われて悪い気はしません。ついでに女の子のトレンドや好きなものを知れるので次回の合コンに活かすチャンス!

    指を使った心理テスト

    「じゃあここで心理テストいっちゃおっかな。俺の指、どれかつかんでみて?」

    話題がなくなったら心理テストをするのもあり。右手を出して女の子に指を引っ張ってもらうだけの超簡単な心理テストです。結果はこちら!

    • 親指:頼れる人・尊敬する人
    • 人差し指:仕事や学校でのよきパートナー
    • 中指:友達として仲良くなれそう
    • 薬指:結婚してもいいなと思う人
    • 小指:理想の恋人

    恋愛要素が含まれているので盛り上がること間違いなし!人差し指や中指を引き当てられたら「え~○○ちゃんには薬指引いてほしかったな~」とそれとなくアピールするのもありです。

    詳しくはこちら!同性の友達相手にも使える心理テストです。

    リアクションはひたすら「共感」で乗り切れ!

    100%使える無難なリアクションベスト5

    • ウケる~
    • マジか~
    • いいね~
    • わかる~
    • たしかに~

    女性は共感で仲良くなる生き物。よく聞き取れない女子の話や、たいして面白くないものの長々と語り出す女子には無難なリアクションを。頭文字をとって「ウマいわた」と覚えましょう。

    うんうんと頷きながらきちんと話を聞いてくれる男性は好印象!心のなかでは「全然おもしろくねーよ」と思っていても、口では自然とこのリアクションがとれるようにしておきましょう。

    ふたりきりの会話に持ち込んだときにクラッとさせるリアクション

    • 頑張ったんだね
    • 寂しかったね
    • 辛かったね
    • 大変だったね

    「この子イケるかも」と思った相手には、密な空間を演出してふたりきりの会話へGO!女の子から過去の恋愛のトラウマや忘れられない男性の話を聞くことができればほぼ成功。「がんばったね」「つらかったね」などの涙を誘う共感フレーズで、女子のハートをぐいぐい引き寄せましょう!

    練習を積み重ねて勝利を手にしよう!

    1試合目で負けたからといって挫けてはいけません。何事も積み重ねる努力が大切。最初はあまり場の空気になじめず「あ…」しか発せず、やけ酒に走ってしまったとしても、回数を重ねるごとにコツをつかんでいくはずです。場数を踏んで栄光の勝利を手に入れましょう!

    (image by amanaimages1 2 3 4 5 6 7)
    (image by nanapi編集部)
    (ライター:小林リズム)

    このライフレシピを書いた人