1. コミュニケーション
    2. あなたは何派?デート前に知りたいカップルの手つなぎ方種類

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    あなたは何派?デート前に知りたいカップルの手つなぎ方種類

    このライフレシピのもくじたたむ

    みなさんは、恋人と手を繋ぐときにどんなつなぎ方をしていますか?自分たちのつなぎ方が当たり前だと思っていたら、実は全然違った、なんてこともあるかもしれません。いつも同じつなぎ方をしていてマンネリ化してしまうこともありますよね。

    そこでここでは、気軽に挑戦できる手のつなぎ方の種類をご紹介します!

    スタンダードつなぎ

    • おすすめシーン:友達以上恋人未満のむずがゆい関係のときに
    • ラブ度:★★☆☆☆

    親子関係で手をつなぐときや、友達以上恋人未満の関係性の男女がつなぐときにありがちなのがスタンダードつなぎ。指をそろえて、お互いの手のひらを合わせるように接触させます。お互いにやさしく握り合う手の形からもわかるように、どこかほっこりしたイメージのあるつなぎ方です。

    夕暮れどきの土手で歩きながら仲睦まじくつなぐのに最適です。

    恋人つなぎ

    • おすすめシーン:ラブラブ絶頂期に
    • ラブ度:★★★★★

    恋人同士の定番のつなぎ方といえば、ネーミングもそのままの「恋人つなぎ」です。お互いの指を絡め合うようにしてつなぎます。手のひらといい指先といい全面的に密着しているため、ラブ度は高め。誰も入り込めないような隙のない感じが、ふたりの関係性を象徴しているようですね。

    特に手が冷えがちな冬につなぐのにぴったりです。

    逆恋人つなぎ

    • おすすめシーン:運動不足なときに
    • ラブ度:★★★☆☆

    恋人つなぎを逆さにした「逆恋人つなぎ」は、手のひらは離して指先だけを絡ませるつなぎ方。手のひらを触れ合わさないスタイルなので、手汗をかきやすい暑い季節にオススメです。お互いの手を反らせることで手の筋を伸ばすことができるというメリットも。

    簡単なハンドストレッチをしつつ、爽やかに手をつなぎたいカップルにオススメです。

    約束つなぎ

    • おすすめシーン:ケンカしたり気まずくなったりしたあとに
    • ラブ度:★★★★☆

    約束つなぎは、お互いの小指だけを絡ませ合い「ゆびきりげんまん」のポーズをとります。「これからもずっと一緒にいようね」という内緒の約束を契り合っているようなロマンチックなつなぎ方です。

    ケンカをした後のデートや仲直りをした後の帰り道につなぐのがベストです。

    指つなぎ

    • おすすめシーン:恋人にたっぷり甘えたいときに
    • ラブ度:★★★★☆

    女性が男性の指を1~3本だけ握るようにしてつなぐのが「指つなぎ」。好きな指を選んで1本だけ握るのも可愛いですよ。

    「手を繋ぎたいけど恥ずかしくて握れない…」といった初々しさが垣間見れるつなぎ方。赤ちゃんが大人の指をぎゅっと握ることからもわかるように、甘えたいときや頼りたいときにもよさそうです。

    手を繋ぎたい女の子が小指だけをそっと握ると胸きゅん度がアップします。

    包み込みつなぎ

    • ラブ度:★★★★☆
    • オススメシーン:リードしたいとき

    男性が女性の拳をまるごと握るのが「包み込みつなぎ」です。男性が主導権をにぎるため、リーダーシップをとりたい男性や、男性についていきたいタイプの女性に人気。握った手から安心感と包容力が感じられるつなぎ方です。

    男性は「ここぞ!」という見せ場でトライしてみてはいかがでしょうか。

    夫婦つなぎ

    • ラブ度:★★★★☆
    • オススメシーン:夫婦・公園のベンチ・救助するとき

    救助するときのように手首ごとまるごとつかむつなぎ方が「夫婦つなぎ」です。お互いの手だけでなく、手首も含めて握り合います。片方が離しても簡単にはほどけないため、この名前がついたそう。歩くのには少々不向きですが、座っている状態でつなぐと強い絆を感じられます。

    どちらかが高い場所から落ちそうになったときにぜひ使ってみましょう。

    色んなバリエーションに挑戦しよう

    いろんな付き合い方があるように、手のつなぎ方ひとつをとっても多くの種類がありますね。一度、どのつなぎ方がベストなのか挑戦してみてはいかがでしょうか?ふたりにしかわからないオリジナルのつなぎ方を見つけてみるのもいいかもしれませんね!

    Twitterで紹介!

    (image by amanaimages)
    (image by nanapi編集部)
    (image by 筆者)
    (ライター:小林リズム)

    このライフレシピを書いた人