\ フォローしてね /

お菓子作りに便利!ベーキングパウダーの代用品まとめ

ケーキやクッキーなどのお菓子を作るのには必要不可欠、と思われがちなベーキングパウダーですが、実は他の食品でも代用が効くことをご存じですか?

お菓子作り以外にはあまり登場しないベーキングパウダーなので、ちょうど切れてしまった……というときには代用できると嬉しいですよね。今回はいくつかの代用方法をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ベーキングパウダーの代用品まとめ

そもそもベーキングパウダーとは、クッキーやケーキなどを膨らませるためのふくらし粉、膨張剤です。他にもお菓子を膨らませることができる食材はいくつかあるので、それらで代用しましょう。

卵白 

卵白は泡立てることで、メレンゲというフワフワした食材になります。ケーキ類にベーキングパウダーの代用品として使われることが多いようです。

卵白を使ったケーキを作るときのポイントは、とにかく卵白をしっかりと泡立てること。卵白はかき混ぜればかき混ぜるほど空気を含んでフワフワになります。

ホットケーキミックス

ホットケーキミックスには少量のベーキングパウダーが含まれているので、生地として使うだけで簡単に膨らませることができます。マフィン、スコーン、クッキー、マドレーヌなど、様々なお菓子でベーキングパウダーを含んだ粉の代用品として使えます。

イースト、酵母

イーストや酵母はパンの生地を作るときなどに使用する菌です。生地に混ぜ込み発酵させ、その際に発生するガスの力でパンのフワフワ感を生み出しています。生地を寝かせ、一定時間発酵させなければなりませんが、パンケーキの生地、ビスケット、クラッカーなどでベーキングパウダーの代用となります。

重曹

重曹とベーキングパウダーは原料がほぼ同じです。

重曹は量を間違えると独特の苦味、ニオイが出てしまいます。ベーキングパウダーはそれらの苦味やニオイを抑え、コーンスターチ等を加えて味を調節したものです。重曹を使用する際は、食用であるかどうかを確認することも忘れないでください。

独特の臭いは化学反応にとって生まれています。酸性の材料が多かったり、焼く時間が短く重曹と酸の反応する時間が短い調理では重曹を使っても問題は起きづらいです。

また、重曹を使用すると生地が黄みがかってしまうので、白いお菓子を作るのには向いていません。

炭酸水

水の代わりに炭酸水を入れ、ケーキ、蒸しパンなどを作ることが可能です。味のない炭酸水を使えば普通の味、コーラを使えばコーラ味、ファンタを使えばファンタ味になりますが、そのフレーバーに加え完成品の食感もいつもとは異なり「ふわっ」に加え時折「しゅわっ」を含むパンケーキが生まれる場合があります。

いろいろな食材で代用可能!

ベーキングパウダーはお菓子作りに必須なものだと考えがちですが、実はいろいろな食材で工夫してお菓子を作ることも可能なのです。ベーキングパウダーがない、でもどうしてもお菓子が作りたい!というときにはぜひ試してみてください。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。