1. 料理
    2. おうちで究極の京都の銘菓を作ろう!「生八つ橋」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    おうちで究極の京都の銘菓を作ろう!「生八つ橋」の作り方

    京都の銘菓と言ったら「生八つ橋」ですよね。筆者も大好きな和菓子の一つです。そこで、今回は手軽に家庭でも作れる「生八つ橋」の作り方をご紹介します。

    材料(約18個分)

    • 白玉粉…50g
    • 上新粉…50g
    • 砂糖…70g
    • 水…1/2C
    • きな粉…20g
    • シナモンパウダー…3g
    • こし餡…約180g

    作り方(調理時間:30分)

    STEP1:シナモンときな粉を合わせる

    シナモンパウダーときな粉を混ぜ合わせます。

    STEP2:白玉粉を水で溶く

    耐熱ボウルに白玉粉と水を入れて、スプーンの背などで白玉粉を潰しながら、混ぜ合わせます。

    STEP3:上新粉等を入れる

    上新粉と砂糖を入れて、トロトロになるまで更に混ぜ合わせます。

    STEP4:電子レンジで加熱する

    ラップをかけて500Wの電子レンジで2分加熱し、取り出して一度かき混ぜます。更に1分ほど加熱した後かき混ぜて餅状にします。

    STEP5:生地を伸ばす

    STEP1の粉を敷いた上に生地を取りだし、麺棒で3mm厚さに伸ばします。

    STEP6:餡を包む

    生地を4~5cm角に切り、こし餡を乗せて三角に折ります。

    STEP7:完成!

    お皿に盛り付けたら完成です。

    作り方のコツ

    電子レンジで加熱する時は、生地の様子を見ながら、粉っぽさがなくなるまで加熱します。シナモンの量はお好みで、調節してください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人