\ フォローしてね /

フライパンにくっつきにくい!ネギとニラがたくさん入った「両面焼きの餃子」の作り方

ここでは、筆者おすすめの「両面焼きの餃子」レシピをご紹介します。

材料(5人分)

餃子の具

  • 豚ミンチ・・600g
  • にら・・3束
  • ねぎ・・1束
  • 餃子の皮・・90枚(30枚入り、3パック)
  • にんにく・・2かけ
  • 生姜・・1かけ
  • サラダ油・・適量(焼く時に使用)
  • ゴマ油・・適量(焼く時に使用)

調味料

  • 塩・・大さじ2
  • 醤油・・大さじ1
  • 料理酒・・大さじ1
  • オイスターソース・・大さじ1

作り方(調理時間:40分)

STEP1:にらを切る

にらを洗い、5mm幅位のざく切りにします。

STEP2:ねぎを切る

ねぎを洗い、5mm幅位のざく切りにします。

STEP3:肉に塩をふる

ボウルに豚ひき肉を入れて、塩大さじ1を入れてよく混ぜます。

STEP4:野菜に塩を加えて、袋を振る

上記で切った野菜をビニール袋に入れ、塩大さじ1を加えます。風船の様にビニール袋に空気を入れてよく振ります。

STEP5:調味料を入れる

肉を入れたボウルに、醤油大さじ1、オイスターソース大さじ1、料理酒大さじ1を入れて混ぜ合わせておきます。

STEP6:にんにくを潰す

にんにくの皮を剥き、さっと洗います。半分に切り、根元、芽を取ったにんにくを、にんにく潰し器で潰して肉の入ったボウルに入れます。

にんにく潰し器が無ければ、すりおろしてください。

STEP7:生姜をする

肉のボールに生姜1かけを洗い、すりおろします。

STEP8:合わせる

ボウルに塩を振ったにら、ねぎを軽く搾ってから入れて、よくこねます。

STEP9:包む

小皿に水を入れます。

これは、餃子の皮の端に塗り、皮同士くっつける役割をします。

手の平に餃子の皮をのせます。

円の上半分に小さじ山盛り1杯位の餃子の具をのせます。

皮の周囲の半分に水をつけます。一指し指を水で濡らし、さっと餃子の皮をなぞります。

餃子の皮を半分に折り、端っこを押してくっつけます。

上側になる分のみ、ヒダを寄せながら、軽く押してくっつけます。

表はこんな感じになります。

裏はこんな感じになります。

STEP9:焼く

フライパンを中火にかけ、温まってきたら、サラダ油を大さじ1位入れ、フライパン全体にいきわたる様にします。

餃子を並べて、中火よりの弱火で3分焼きます。きれいなキツネ色になれば、ひっくり返します。

ゴマ油を大さじ1位、回し掛けます。

蓋をして、中火よりの弱火で3分焼きます。

STEP10:出来上がり

お皿に盛って、出来上がりです。

お好きなタレで食べましょう!

ポン酢、醤油、酢&あら引き胡椒、醤油&ゴマ油、味噌&ゴマ油などがおすすめです。

作り方のコツ・注意点

普通は、裏がキツネ色になれば、熱湯などを入れて蓋をして、蒸し焼きにするのですが、著者宅は両面焼きにします。

著者が鉄製フライパンの扱いが下手だからか、熱湯を入れるとフライパンにくっつく確率が高く、ベチャッとなってしまう事が多かったので、この方法にしました。

また、餃子の具を混ぜる時、ビニール袋を手袋の代わりに使うと、手が汚れず便利です。

栄養満点の餃子レシピ、ぜひお試し下さい。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。