\ フォローしてね /

簡単すぎる常備菜!「意外な材料deきゅうりのネオ漬物」の作り方

筆者の家で簡単すぎる常備菜として重宝している「意外な材料deきゅうりのネオ漬物」。

意外な材料とは、塩こんぶといかの燻製。旨み成分がたっぷり入った2つの材料を使えば、漬物の素なども不要!しかも、100円ショップなどで買うこともできて費用も安いです。

作るとおいしくて、きっと常備菜にしたくなること間違いなし。きゅうりをはじめとして、好きな野菜で作ってみてください!

材料(3~4人分)

  • きゅうり:2本
  • にんじん:1本
  • 塩こんぶ:1袋(28g)
  • いかの燻製:1袋(40g)
いかの燻製は、柔らかいタイプを使っています。

作り方(調理時間:10分)

STEP1:野菜を千切り

きゅうりは端を切り落とし、千切りにします。

にんじんも同様に皮を剥き、根を切り落として千切りにします。

同じ大きさにしておくとキレイに見えます。

STEP2:全体を混ぜ合わせる

ボウルにSTEP1で切った野菜、塩こんぶ、はさみで切ったいかの燻製を入れます。

STEP3:完成!

全体を混ぜ合わせて、塩こんぶの色が変わったら保存容器に入れて完成です。

作り方のコツ

食べるときのことを考えて、はさみで細かくいかの燻製を切りました。敢えて水分は切らずに保存しておくことで、おかずのようにして食べることができます。

また、大根やキャベツなど冷蔵庫の残り野菜で作ることができます。塩こんぶといかの燻製の旨みで、ビールのおつまみとしても相性ばっちり!

メイソンジャーで作ることもできますよ。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

イラストで解説!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。