\ フォローしてね /

食べごたえも抜群!「鉄鍋棒餃子風」の作り方

以前、居酒屋で食べた鉄鍋棒餃子がおいしくて、再現してみました。

餃子の皮では小さいので使ったのは春巻きの皮。パリッとした皮の中に餃子の具が入ってボリュームもたっぷりで食べごたえもあります。

ビールのおつまみにもぴったりな「鉄鍋棒餃子風」を作ってみませんか?

材料(10本分)

  • 豚ミンチ…250g
  • 輪切りねぎ…45g
  • 卵…1個
  • ごま油…小さじ1
  • 醤油…小さじ1
  • おろしにんにく…小さじ1/4
  • おろししょうが…小さじ1/4
  • 小麦粉…大さじ1
  • 春巻きの皮…10枚

作り方(調理時間:20分)

STEP1:春巻きの皮を1枚ずつにする

春巻きの皮は1枚ずつはがしておきます。

STEP2:餃子のタネを作る

春巻きの皮以外の材料をボウルに入れます。

粘りがでるまでしっかり混ぜます。

STEP3:10等分にする

餃子のタネを10等分にしておきます。

あらかじめ10等分にしておくことで、包んだ後に余ったり足りなかったりすることを防ぐことができます。

STEP4:春巻きの皮で包む

春巻きの皮で包みます。

くるくると巻いていき、片栗粉を水で溶いたものをのりにして端をとめます。

STEP5:余分な部分をカットする

余分な端の部分をはさみでカットします。

卵焼きフライパンで焼く予定なので、長さを合わせました。タネが入っていない部分を全て切ってしまうのではなく、ある程度残して切るのがおすすめです。

STEP6:焼く

卵焼きフライパンにごま油(分量外:大さじ1程度)を引き、200度で3分焼きます。

裏返して180度で5分焼きます。こんがりとした焼き目がついたら完成です!

作り方のコツ

鉄鍋ではなくて卵焼きフライパンで作る「鉄鍋棒餃子風」ができました!醤油とラー油をかけて食べるとビールにもぴったりです。

焼かない分はビニール袋などに入れて冷蔵、冷凍もできます。

春巻きの皮で作っているのでパリッとした食感でボリュームもあります。普段とは違う餃子を食べたい時にお試しください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。