1. コミュニケーション
    2. 「教えてください」の丁寧な伝え方

    「教えてください」の丁寧な伝え方

    普段、人に教えを請う機会はよく訪れると思います。子どもや親しい関係であれば、「教えてください。」そのままでも問題ありませんが、ビジネス上では対外的に使用できないものです。

    そんなときに、どうしたら良いのかと感じることはありませんか?先輩や上司、初対面の人相手ならばなおさらです。

    今回は迷いがちな「教えてください」の丁寧な伝え方を紹介します。

    「教えてください」の丁寧な伝え方

    「教えてください」も丁寧な伝え方のように感じますが、目上の人に使う場合、特に社会人の場合はより丁寧な表現を使ったほうがいいでしょう。丁寧な使い方の例としては以下のものがあります。

    使用できるフレーズ

    • ご教示ください
    • 教えていただけますか
    • お教えください
    • お教えいただけますか
    • ご意見をお聞かせいただけますか

    「ご教示ください」は男性的な堅さが見られるため、男性はこちらを使うと良いでしょう。「教えていただけますか」は女性的な上品さが表れているため、女性が使うと良い表現です。

    派生したものとしては「教えていただけますでしょうか」「お教えいただけますか」があります。「お教えください」は特に性別に関係なく、広く使われる丁寧な表現です。

    どんどん使って慣れていこう

    また、「ご意見をお聞かせいただけますか」も、遠まわしではありますが「教えてください」と同じ意味として捉えることができます。

    このように使い分けられるのが良いと思いますが、やわらかな対応を求められるときに男性が「教えていただけますか」を使ったとしても不自然ではなく、逆に形式的な場面で女性が「ご教示ください」と使う機会もあるでしょう。

    要は自分が使いやすいと思ったものを使うのが1番です。社会人になると自然を使う機会は増えるので、臆さずどんどん使って自分のものにしていきましょう。

    丁寧さと感謝の気持ちを忘れずに

    新しい場所で知らないことを教わるという機会はたくさんあります。

    謙虚な気持ちで丁寧なお願いをすれば、教える側も気持よく教えることができるでしょう。そして、教わった後の感謝の言葉を忘れないようにしましょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人