\ フォローしてね /

材料2つで!父の日にぴったりな「鶏手羽元の味噌グリル」の作り方

ラーメンのタレを利用した「味噌だれチャーシュー」のレシピを応用すると、簡単なビールのおつまみができます。

タレに鶏の手羽元を漬けこんでグリルした「鶏手羽元の味噌グリル」は、いつもは料理をしない人でも簡単にできて失敗がありません。しかも、ビールに合う!

簡単すぎるレシピで父の日に料理を作って祝ってみませんか?

「味噌だれチャーシュー」のレシピはこちらをご覧ください。材料は基本2つだけ!簡単すぎる「究極の味噌だれチャーシュー」の作り方

材料(8本分)

  • 鶏手羽元・・・8本(500g程度)
  • みそラーメンのスープのもと・・・1袋(50g)
材料は2つだけ!みそラーメンのスープのもとは、スープだけでスーパーに売っています。

作り方(調理時間:15分)

STEP1:鶏肉を漬けこむ

密封できる袋を用意して、鶏手羽元、みそラーメンスープのもとを入れて揉みこみます。

冷蔵庫で一晩置いておきます。

一晩寝かすことで味が染みこみます。前日に準備しておきましょう!

STEP2:魚焼きグリルで焼く

STEP1の鶏肉を魚焼きグリルで焼きます。

強火で表を7分、途中で裏返して3分。こんがりと焼き目をつけます。

STEP3:完成

中心まで火が通っているか竹ぐしを刺して確認します。透明な肉汁なら完成です!

作り方のコツ・注意点

チャーシューや煮豚を作るのは大変ですが、手羽元なら簡単でお手軽。お値段も安くて作り方も簡単なので、パパに作り方を教えてあげても喜ばれるかもしれませんね。

フライパンで焼くのもいいのですが、魚焼きグリルを使うとこんがり焦げ目もできておいしそう!

あっという間にできるビールのおつまみレシピです。少し濃いめの味はビールにもぴったりですよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。