\ フォローしてね /

冷やし中華のタレでもう一品!「切り干し大根の南蛮漬け」の作り方

冷やし中華のタレが残っていたら、他のおかずがもう一品作れます。

そこで今回は、しょうゆベースの冷やし中華のタレを使った、「切り干し大根の南蛮漬け」の作り方をご紹介します。作り置きができて、お弁当のおかずや小鉢などにぴったりですよ。

材料(4人分)

  • 冷やし中華のタレ…1/2C
  • 切り干し大根…40g
  • にんじん…1/2本
  • 鷹の爪…1本

作り方(調理時間:40分)

STEP1:切り干し大根を戻す

切り干し大根は軽く水洗いしたら、ヒタヒタの水に10分ほど浸けて柔らかく戻します。

STEP2:にんじんを切る

にんじんは4cm位の長さの千切りにします。

STEP3:レンジで加熱する

耐熱皿ににんじんと切り干し大根を入れてラップをかけて、600Wの電子レンジで1分ほど加熱します。

STEP4:冷やし中華のタレにつける

タッパーに冷やし中華のタレ、種を取り小口切りにした鷹の爪を入れます。にんじんと切り干し大根を加え、全体を混ぜたら30分以上漬け込みます。

STEP5:完成!

味が馴染んだら、器に盛り付け完成です。

作り方のコツ・注意点

冷やし中華のタレはしょうゆと酢、ごま油の水分が多目のタレを使っています。タレの濃さによっては水を加えて調節しましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。