\ フォローしてね /

ワインやビールに合う!「なすとミートソースのミルフィーユ」の作り方

なすに合うのがミートソース。ここでは、筆者がよく作る、「なすとミートソースのミルフィーユ」のレシピをご紹介します。

おしゃれな名前ですが、なすとミートソースを重ねて焼いただけの簡単レシピ。ミートソース缶を使えば手軽にできます。しかも、ワインやビールにも合います。

魚焼きグリルを使ってチーズの表面をこんがりと焼くのがポイントです。

材料(3~4人分)

  • なす…3本
  • ミートソース…1缶(290g)
  • おろしにんにく…小さじ1/2
  • オリーブオイル…大さじ2
  • チーズ…1袋(150g)
今回は、細切りモッツァレラミックスチーズを使用しました。

作り方(調理時間:30分)

STEP1:なすを切る

なすはへたを切り、1cmほどの厚みでスライスします。

ほどよい厚みを残して切ります。

STEP2:なすを炒める

フライパンにオリーブオイルを引き、おろしにんにくを加え、なすを炒めます。

弱火で5分加熱します。なすに油がしみこんで、しんなりしたら火を止めます。

オリーブオイルがなすにしみこんだら、火を止めます。

STEP3:バットに並べる

ホーローバットになす、ミートソースを交互に並べます。

端まで並べます。

魚焼きグリルに入れるので、耐熱性の容器に入れましょう。

STEP4:チーズをかける

チーズを全体にかけます。

STEP5:焦げ目をつける

魚焼きグリルに入れて、強で4分加熱します。

STEP6:完成!

チーズに焼き目がこんがりついたら完成です!

なすとミートソースは火が通っているので、チーズが溶けて焦げ目がついたら完成です!

「なすとミートソースのミルフィーユ」ができました!

作り方のコツ・注意点

なすとミートソースの組み合わせがおいしいレシピです。

コツは、なすをある程度の厚みを持たせて切ることと、魚焼きグリルで仕上げること。また、魚焼きグリルは短時間で高温になるので、チーズの焦げ目をつけるのにぴったりです。

ミートソースは缶を使っているので、とっても簡単!ワイン、ビールに合う簡単おつまみがあっという間にできます。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。