\ フォローしてね /

飲み切りサイズのスピード果実酒!「ストロベリー・ラム」の作り方

1週間でできる飲みきりサイズのいちご酒「ストロベリー・ラム」の作り方です。いちごを切って、ラム酒につけて、1週間ほど冷蔵庫で寝かせたら完成。他の果実酒のように美味しく飲めるまでに何か月も待つ必要もなく、気軽に少量から作れるのでオススメですよ。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapi

旬のフルーツで果実酒を作ってみたけれど、仕込んでから完成までに時間がかかることや、たくさん作ってもなかなか飲み切れないのがネック、という声が多いですよね。

そこで1週間でできる飲みきりサイズのいちご酒「ストロベリー・ラム」を作ってみました。

材料(2人分)

  • いちご…100g(中サイズ8粒くらい)
  • ホワイトラム酒…200ml
ラム酒は、どんなタイプでも使っていいの?1
いちごの色がキレイに出るように、透明なホワイトラムがオススメです。色の濃いダークラムを使うと、鮮やかなピンク色に仕上がりません。詳しくはこちら「製菓用のラム酒の選び方・使い方」を参考にしてください。
  • ガムシロップ…お好みで

道具

  • 空きビン…500mlくらいのもの
ジップロックのように液体を入れてもこぼれない、密閉タイプの食料保存袋でも作れます2

作り方(調理時間:10分)

STEP1:いちごを切る

いちごは水洗いしてヘタをとります。キッチンペーパなどでよく水気をふきとり、スライスします。

水気が残ったいちごをビンに入れると原液が薄められ、カビや腐敗の原因になるのでしっかりふきとりましょう。

STEP2:ビンで漬け込む

煮沸消毒した清潔なビンにいちご、ホワイトラム酒を入れます。何度か静かに上下を返してまぜ、冷蔵庫に入れてしばらくおきます。

3~4日目から飲めますが、1週間くらい置くと香りと味がなじんでより美味しくなります。

STEP3:完成!

色と果汁が出たら、漬け込んだいちごを取り出します。コーヒー用のフィルターを使って濾すと簡単です。

気にならない方は、いちごを取り出さなくても大丈夫です。

甘いのがお好きな方は、お好みでガムシロップを加えてできあがりです。

楽しみ方

手軽に飲むならロックやソーダ割り、ミルク割りですが、もうちょっと凝りたい場合はオリジナルカクテルを作るのも楽しいです。

具体的にはテキーラとレモンジュース、クラッシュアイスと共にバーブレンダー(ミキサー)にかければ、フローズン・ストロベリー・マルガリータ風に仕上がります。

またライムジュースとクラッシュアイスと合わせてフローズン・ストロベリーダイキリ風にするなど、アイディア次第でいろいろ楽しめます。

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

追記した箇所一覧

  • 12018年03月19日「材料・ラム」について追記しました。
  • 22018年03月19日「道具」について追記しました。
このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。