\ フォローしてね /

IT用語の基礎知識!「デバイス」の意味

パソコンの説明書やWeb上でよく見る言葉「デバイス」。一体これが何を意味するかみなさんはきっちり説明できますか?なんとなくわかったつもりでいても、実際正確な答えを知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回はそんな「デバイス」の意味を解説していきます。

「デバイス」の意味

「デバイス」の言葉自体の意味は「装置・からくり・工夫」です。

一方、IT用語だと非常に広義で、コンピューターを構成する全てのパーツ、装置の総称を指します。つまりはパソコン本体はもちろんのこと内部のハードディスクや半導体、外部で接続するキーボードやプリンタ、モニターなども含まれます。

パソコンだけではなく、近年ではスマートフォンやタブレット端末もこの「デバイス」に含まれるとされています。

デバイスとセットでよく見かける「デバイスドライバー」とはコンピューター本体にデバイスを接続し、動作させるためのソフトウェアを指します。

つまりどういうことかというと

  • パソコン
  • ハードディスク
  • キーボード
  • モニター
  • スマートフォン
  • タブレット

など、いわゆる「機器」はすべて「デバイス」という言葉で表すことができるとも言えます。だからこそ、

そこのデバイスとって!

といった使い方では、相手を混乱させてしまいがちです。広い意味を持つ言葉だからこそ、安易に使わず、適切な場面で使うことが必要です。

いろいろな意味を持つ便利な言葉「デバイス」

「デバイス」の意味の広さに驚いた方も多いのではないでしょうか?しっかりと「デバイス」の意味を理解し、正しく使いましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。