1. 料理
    2. 食べる宝石箱!「レミースタイルのラタトゥイユ」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    食べる宝石箱!「レミースタイルのラタトゥイユ」の作り方

    西洋野菜のごった煮という印象だったラタトゥイユのイメージを一新した映画『レミーのおいしいレストラン』。その宝石箱のような美しいラタトゥイユは、家庭的な美味しさも残しつつ、斬新なデザインで驚きました。

    ここではそんなレミースタイルのラタトゥイユを、市販のパスタソースを使って手軽に作ってみました。

    材料(2人分)

    • ミディトマト… 2個
    • ズッキーニ(緑)… 1/2本
    • ズッキーニ(黄色)… 1/2本
    • ナス… 1本
    • 市販のトマトソース(パスタ用)… 1人分
    • オリーブオイル… 大さじ1
    • おろしにんにく… 小さじ1/2
    • 塩、こしょう… 適量
    • 粉チーズ… 適量
    • タイム… 小枝1~2本

    レミースタイルのラタトゥイユの作り方(調理時間:30分 ※焼き時間を除く)

    STEP1:野菜を切る

    トマト、ズッキーニ、ナスをすべて2mmくらいの幅の輪切りにします。また、オーブンを190度に予熱しておきます。

    STEP2:皿にトマトソースを入れる

    耐熱皿にトマトソースを入れて、スプーンなどで敷き詰めます。

    STEP3:野菜を並べる

    切っておいた野菜を、彩りよくトマトソースの上に並べます。

    STEP4:ラタトゥイユを焼く

    野菜の表面にオリーブオイルとおろしにんにくを塗り、塩、こしょう、粉チーズを軽く振って、最後にタイムの小枝を乗せます。

    上にふんわりとアルミホイルをかぶせたら、予熱しておいたオーブンの上段で30分焼いて、焦げ目をつけるためアルミホイルをとって10分くらい焼きます。

    オリーブオイルとにんにくは混ぜ合わせたものを、野菜の上から振りかけても良いです。

    STEP5:完成!

    野菜に火が通って、表面に焦げ目がついたら出来上がりです。

    作り方のコツ・注意点

    黄色いズッキーニがない場合は緑のものだけでも問題ありません。野菜はにんじんなどを入れても美味しくできます。

    また、トマトソースの代わりにレトルトのミートソースを使っても美味しいです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人