\ フォローしてね /

夏に冷たい緑茶といただきたい!「パイナップル大福」の作り方

ここでは、夏に冷たい緑茶といただきたい「パイナップルの大福」の作り方をご紹介します。

夏を思わせる南国のフルーツ「パイナップル」を和菓子にしました。パイナップルの甘酸っぱさが餡とも相性が良いんです。また、大福の生地は電子レンジで手軽に作れます。

材料(8個分)

  • 白玉粉…80g
  • 上新粉…20g
  • 水…180g
  • 砂糖…50g
  • パイナップル缶詰(スライス)…3枚
  • こし餡…約100g
  • 片栗粉…適量

作り方(調理時間:30分)

STEP1:パイナップルを切る

パイナップルは汁気を切り、1cm角くらいに切ります。

STEP2:こし餡を分ける

こし餡は、約18gのかたまりに分けます。

STEP3:粉類を混ぜる

耐熱ボウルに白玉粉と上新粉、砂糖を入れてひと混ぜしたら、水を少しずつ入れながら、とろとろになるように混ぜます。

白玉粉の粒が残りやすいので、スプーンの背で潰しながら混ぜましょう。

STEP4:レンジで加熱する

ラップを軽くかけ、600Wの電子レンジで1分半ほど加熱し、一度取りだし全体を練るように混ぜます。再度レンジに入れ30秒ほど加熱し、透明感が出るまで繰り返します。

STEP5:生地を切り分ける

生地が餅のようになったら、まな板の上に片栗粉を敷き、その上に生地を取りだして8等分に切ります。

STEP6:生地で具を包む

分けた生地を手で丸く伸ばし、中央にこし餡1つとパイナップルを3切れ乗せて包みます。包み終わりを下にして片栗粉を付けて置きます。

生地が手にくっつきやすいにで、片栗粉をまぶしながら包みましょう。

STEP7:完成!

一つ一つ、お弁当のカップに盛り付けたら完成です。

作り方のコツ・注意点

今回は、手軽に缶詰のパイナップルを使いましたが、生のパイナップルでももちろん美味しくできます。

パイナップルの他にお好きなフルーツでもお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。