\ フォローしてね /

副菜に最適!「いんげんとちくわ、しらすの胡麻和え」の作り方

毎日のおかずやお弁当に入れるメニュー。メイン料理は決まっても副菜には頭を悩ませることってありますよね。

そこで今回は、「いんげんとちくわ、しらすの胡麻和え」の作り方をご紹介します。

普段のおかずの副菜としてはもちろん、味付けがしっかりとしているので、作り置きしておいてお弁当のおかずに入れてもおいしく食べられる万能副菜レシピです。

材料(3人分)

  • いんげん:20本
  • ちくわ:4本
  • しらすぼし:25g
  • すりごま:大さじ1杯
  • 砂糖:大さじ1杯
  • めんつゆ:大さじ1杯

「いんげんとちくわ、しらすの胡麻和え」の作り方

STEP1:いんげんの下処理をする

いんげんは筋を取り除き、両端をカットしてから長さ4cmほどに包丁で刻みます。

鍋に水を入れて沸騰させたら、中火でいんげんに火が通るまで4〜5分茹でます。茹であがったら、ざるにあげ水をきっておきます。

STEP2 : ちくわをカットする

ちくわは、厚さ1cm弱の斜め薄切りに包丁でカットしておきます。

STEP3:ごまだれをつくっておく

分量通りのすりごま、砂糖、めんつゆをよく混ぜ合わせ、ごまだれをつくっておきます。

STEP4:ボウルにいんげん、ちくわ、しらすぼし、ごまだれを入れてよく和える

ボウルに茹でて水切りしておいたいんげん、カットしておいたちくわ、しらすぼしを入れます。別の容器に入れて作っていたごまだれをかけて、よく和えます。

具材にしっかりごまだれが絡むように菜箸で混ぜ合わせてください。

STEP5 : 完成

「いんげんとちくわ、しらすの胡麻和え」の完成です。

作る際の注意点

ごまだれを別の容器で先に作っておくことがポイントです。先にごまだれを作っておくことで、味が分離せず具材にしっかりとなじみます。

おわりに

このレシピは、時間が経っても味がしっかりとついているので、お弁当のおかずとして冷めてもおいしく食べることができます。

多めに作っておいて冷凍しておいたり、翌日のお弁当の具材にする等、忙しい人にもありがたいレシピなのでぜひ作ってみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。