\ フォローしてね /

揚げ焼きでうま味が倍増!舞茸のから揚げの作り方

nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
かかる手間
Image cooktime02
食べられるまで
20

編集部からのポイント

  • うま味が増す

    舞茸はサッと油で揚げることで、風味を損なわず余計な水分も抜けてうま味がアップ!

  • カロリー1/2

    鶏のから揚げの約半分のカロリーなのでたくさん食べたいときに!

  • 味付け簡単

    から揚げ粉についている味だけでおいしい!

  • 材料(2人分)

    • 舞茸… 2パック
    • から揚げ粉(水で溶くタイプ)… 1袋
    • 揚げ油… 適量
    市販のから揚げ粉を使わない場合は?1
    から揚げ粉を手作りすることもできます。分量はこちらです。
     
    ・(A)おろしにんにく(チューブタイプ可)…大さじ1(お好みで調整)
    ・(A)おろししょうが(チューブタイプ可)…大さじ1(お好みで調整)
    ・(A)酒…大さじ2
    ・(A)醤油…大さじ2
    ・(A)鶏ガラスープの素…小さじ1
    ・(A)片栗粉…60~70g
    ・(A)玉子…1個
     
    玉子の大きさやにんにくやしょうがの水分量によって、衣の濃度が変わってくるので、溶いてみて水っぽいときは片栗粉の量を少し増やし、固いときは少し水を入れて調節してください。
    冷凍した舞茸を使ってもいい?2
    舞茸に限らず、冷凍したきのこは揚げ物には向きません。冷凍きのこは、凍らせることにより細胞膜が壊れるため水分が出て、茹でたような状態になります。なので、この唐揚げの魅力であるシコシコとした食感がなくなりますし、水分が抜けたぶん油を吸い過ぎて、味もくどくなってしまいます。
    舞茸のから揚げは低カロリー?3
    鶏のから揚げに比べ約半分にカロリーを抑えられます。今回は脱水率をゼロとして計算しています。  
     
    【舞茸のから揚げ】
    ・舞茸(2パック)…180g→27kcal
    ・日清 中華街のから揚げ粉(1袋)…100g→344kcal
    ・水…100g→0kcal
    ・キャノーラ油…38g→350kcal 
     
    合計カロリー(2人前):27+344+350 = 721kcal 
    1人前:721kcal÷2 = 360.5kcal
     
    【鶏肉のから揚げ】
    ・鶏もも肉…180g→455kcal
    ・日清 中華街のから揚げ粉(1袋)…100g→344kcal
    ・水…100g→0kcal
    ・キャノーラ油…38g→350kcal 
     
    合計カロリー(2人前):455+344+350 = 1149kcal 
    1人前:1149kcal÷2 = 574.5kcal
     
    【1人前(90g)のカロリー】
    ・舞茸のから揚げ→360.5kcal
    ・鶏のから揚げ→574.5kcal

    作り方(調理時間:20分)

    1舞茸をほぐす

    舞茸は食べやすい大きさにほぐします。

    舞茸は洗わなくていいの?
    日本料理では「きのこの風味やうま味は、洗うと流れてしまう」として、洗わないのが常識とされています。 
    食堂や給食施設などでは食中毒予防の目的で洗うよう指導されているところが多いですが、大手企業が人工栽培・販売しているきのこは、栽培されている環境が衛生的なので、洗わずにそのまま料理に使うことができます。

    2衣の準備をする

    • から揚げ粉を袋に書かれている分量の水で溶いて衣を作る。
    • 舞茸にまんべんなくからめる。
    市販のから揚げ粉を使わない場合
    ・(A)の材料をすべて混ぜ合わせて衣を作る。
    ・舞茸にまんべんなくからめる。

    3揚げ焼きにする

    • フライパンに1cmくらいの高さまで油を入れる。
    • 油が170〜180度になったら舞茸を入れて揚げ焼きにする。

    両面こんがり色付くくらいを目安に加熱してください。

    油の温度の見極め方
    熱した油に衣を数滴落とし、その状態で温度を見極めることができます。
    150〜160度→衣が底まで沈んでゆっくり浮き上がってくる
    170~180度→衣が途中まで沈んで浮き上がってくる
    180〜190度→衣がほとんど沈まずにすぐ浮き上がってくる
    一度にたくさん入れすぎない4
    一度にたくさんの舞茸を油の中に入れてしまうと、温度が下がって、油でベチャベチャになってしまったり、衣が剥がれてしまったりします。少しずつ入れて油の温度が下がらないようにしましょう。

    4完成!

    お皿に盛りつけたら出来上がりです。

    舞茸は油との相性がよく、サッと揚げることで栄養素も壊さずに水分が飛び、うま味が増します。八百屋さんもおすすめのレシピで、想像よりずっとおいしくてびっくりしますよ!

    レシピ製作者:yurie

    "どうしたら美味しい料理を自宅で手軽に作れるか"を考え、実践していくことがライフワーク。
    食に関する資格:食生活指導士(女子栄養大学)、料理検定1級(大阪あべの辻調理師専門学校料理検定委員会)、菓子検定2級(大阪あべの辻調理師専門学校料理検定委員会)、ベジタブル&フルーツマイスターセミナー受講(日本野菜ソムリエ協会)など。

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    追記した箇所一覧

    • 12018年10月03日市販のから揚げ粉を使わない場合を追記しました。
    • 22018年11月06日「冷凍きのこは使える?」について追記しました。
    • 32018年10月03日カロリーについて追記しました。
    • 42018年11月06日「油への入れ方」について追記しました。
    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!

    nanapiモーメントで紹介しているツイートです。

    Banner line

    編集部にリクエスト!

    「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。