1. 趣味
    2. ビックカメラが教える!除湿機の選び方&2015年おすすめ除湿機

    ビックカメラが教える!除湿機の選び方&2015年おすすめ除湿機

    暑い時期は多湿、寒くなると結露と私たちを一年中悩ませる湿気。中でも湿度が高くジメジメとした梅雨の時期などは、湿気対策をしないで放置しておくと、不快なだけでなく臭いやカビの発生原因にもなりかねません。

    そんな梅雨の時期の湿気問題を解消してくれる強い味方が、「除湿機」です。

    しかし、いざ購入しようとしても何を基準に選べばいいのかわからず、たくさん並んだ商品を前に頭を抱えてしまう人も多いのではないでしょうか?頻繁に買い替えるものでないからこそ、自分に合った商品を選びたいものですよね。

    そこで今回は、ビックカメラ新宿西口店の家電コーナーご担当、家電のプロ・名波文香さん(以下、名波さん)に、とっておきの除湿機の選び方と、2015年おすすめの最新除湿機BEST5をお伺いしてきました!

    本記事は、2015年5月の取材情報をもとに執筆されたものです。

    除湿機の選び方その1:3つの除湿方式をチェック

    一言に除湿機といっても、除湿方式のタイプはデシカント式・コンプレッサー式・ハイブリット式の3つに分けられます。それぞれにメリット・デメリット・適した使用シーンなどがありますので、ご自分の生活スタイルに合わせて賢く選ぶことが必要です。

    デシカント式

    フィルターで湿気を吸い取り、除湿する方法です。デシカントという乾燥剤で湿気を取り除き、乾いた空気を吹き出します。

    コンプレッサー式

    湿った空気を冷やすことによって除湿する方法です。冷蔵庫やエアコンの除湿機能と同じ仕組みだとイメージしましょう。

    ハイブリット式

    デシカント式とコンプレッサー式の両方の構造を1台にまとめたタイプです。

    使い方を想定してみよう

    3つの除湿方式のメリット・デメリットを比較してみましょう。

    メリット デメリット 省エネ
    デシカント式 寒いときの除湿能力が高い・軽量でコンパクト・音が静か 消費電力が高い・発熱量が多いため室温が上がる(3~8度)
    コンプレッサー式 暑いときの除湿能力が高い・除湿能力が高くパワフル・消費電力が少ない 振動音が大きい・寒いと除湿能力が落ちる・大きめで重い
    ハイブリッド式 状況によって除湿方式が切り替えられる・通年で除湿能力を維持できる 機種が少ない・価格が高め・大きめで重い

    季節や使い方によってそれぞれ適した除湿方法が異なりますので、以下のように自分はどんなシチュエーションで除湿機を使いたいのかを整理して、賢く選ぶことがポイントです。

    • 梅雨や夏場の湿気対策がメインならコンプレッサー方式
    • 寝室など音が気になる場所で使うならデシカント方式
    • 部屋干し対策など1年を通して使用したいならハイブリット方式
    名波さん「通年使用するのであれば多少大きめでもハイブリットタイプがおすすめです。逆に梅雨や夏など特定のシーズンしか使わないのであれば収納を考えてコンパクトなタイプを選ぶなど、実際にお部屋に置いたときをイメージすることをおすすめします」

    除湿機の選び方その2:適用床面積と除湿能力をチェック

    除湿機のサイズは除湿面積除湿能力を確認して、自分の生活環境に適したものを選びましょう。

    除湿面積(畳)

    除湿面積とは、その除湿機で除湿可能な部屋の面積を表したものです。畳数で表されているものがほとんどなのですが、この面積は木造住宅と鉄筋住宅で大きく変わってくるので注意が必要です。

    木は水分を取り込みやすいので、木造住宅だと建材自体に水分がしみこんでしまっています。そのため、鉄筋住宅よりも除湿能力が落ちるのだとか。

    除湿機を購入する前には自分の家の構造を確認しておくのを忘れないようにしましょう。

    除湿能力(L/日)

    除湿能力とは、その除湿機が1日に除湿できる水量を表したものです。この数値が大きいほど、より早くパワフルな除湿ができます。

    できるだけ素早く除湿をしたい・衣類乾燥を重視したいというような場合は、除湿面積にかかわらず、より除湿能力が高いものを選ぶことをおすすめします。

    能力が高いものほど本体サイズも大きくなりますので、設置スペースなども考慮することを忘れないようにしましょう。

    除湿機の選び方その3:衣類乾燥機能をチェック

    部屋干しの際に除湿機の衣類乾燥機能を使いたい場合は、以下のような様々な機能をぜひチェックしてみましょう。

    • 洗濯物を素早く乾かすスピード乾燥機能
    • 生乾き臭を防いでくれる除菌機能
    • 水洗いしにくい衣類をイオンでリフレッシュしてくれる機能
    • 衣類の量を見分けて送風してくれる省エネ機能
    名波さん「真下からワイドに風を送るもの・狭い範囲に集中的に風を送るものなど、風の送り方一つとっても機種ごとに特徴があります。洗濯物を干す環境によって、風をどのように送りたいかも変わってきますので、自分のスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです」

    除湿機の選び方その4:買い時と価格相場をチェック

    除湿機は扇風機などと同じ季節商品のため、5~9月の間しか店頭に並びません。一番値段が下がってくるのはシーズンが終わる8月のセールの頃ですが、値下がりしはじめたころには「欲しかった機種が売り切れてしまった!」なんてことも…。お目当ての商品がある場合には早めに買っておくことをおすすめします。

    名波さん「価格相場は時期や機種によっても異なりますが、デシカント方式で2~3万円、コンプレッサー方式で1.5~5万円ほどです。ちなみにハイブリッド方式については発売しているのが5万円弱の1機種のみとなっています」

    2015年おすすめ最新除湿機BEST5

    除湿機の選び方がわかったところで、ここからはおすすめの最新除湿機を紹介します。

    参考価格はすべて税抜、5月13日時点のものです

    BEST1:Panasonic F-YC120HLX

    除湿方式 ハイブリット式
    除湿能力 (50Hz)9.0L/日・(60Hz)10.0L/日
    除湿面積 (50Hz)木造~11畳/鉄筋~23畳・(60Hz)木造~13畳/鉄筋~25畳
    電気代の目安 (50Hz)5.9円/日・(60Hz)6.3円/h
    タンク容量 約3.2L
    サイズ(高さ×幅×奥行) 580mm×370mm×225mm
    重さ 約13.9kg
    参考価格 ¥56,800
    商品ページ Panasonic F-YC120HLX(ビックカメラ.COM)

    デシカント式とコンプレッサー式の長所だけを組み合わせた唯一のハイブリット式除湿機がこちらのPanasonic F-YC120HLXです。季節を問わず一年中活躍してくれるので、収納場所に頭を悩ませることもありません。

    また、こちらの商品の強みはなんといっても、衣類乾燥機能です。衣類への湿気戻りを防ぐカラッとキープモード・部屋干しの嫌な臭いを防ぐナノイー送風・衣類の量を見分けて運転してくれるエコナビなど、部屋干しのお悩みを解決してくれる嬉しい機能が満載です。

    名波さん「衣類乾燥を重視する人にはこちらがイチオシです。大量の洗濯物を一気に乾かすことができるワイド送風が魅力で、なんと最大165cm幅に対応できるんです!物干し台の端から端まで乾かせます」

    BEST2:CORONA CD-P6315

    除湿方式 コンプレッサー式
    除湿能力 (50Hz)5.6L/日・(60Hz)6.3L/日
    除湿面積 (50Hz)木造~7畳/鉄筋~14畳・(60Hz)木造~8畳/鉄筋~16畳
    電気代の目安 (50Hz)4.7円/h・(60Hz)5.0円/h
    タンク容量 約3.5L
    サイズ(高さ×幅×奥行) 515mm×220mm×330mm
    重さ 約7.9kg
    参考価格 ¥22,800
    商品ページ CORONA CD-P6315(ビックカメラ.COM)

    お手頃価格で除湿機をGETしたい人におすすめなのが、こちらのCORONA CD-P6315です。

    お手頃価格だからといって侮るなかれ。シンプルながらも、運転状態がひと目でわかるお知らせランプ・操作しやすい大きなボタン・コンパクトな本体の半分を占める大容量タンクと、使いやすさを追求した仕様が毎年根強い人気を集めるロングラン商品です。シンプルなだけに電気代が安いというのも嬉しいポイントですね。

    名波さん「この価格が実現できるのは、コンプレッサーを安く作ることができる空調メーカーだからこそです」

    BEST3:Panasonic F-YZL60

    除湿方式 デシカント式
    除湿能力 (50Hz)5.4L/日・(60Hz)5.6L/日
    除湿面積 (50Hz)木造~7畳/鉄筋~14畳・(60Hz)木造~7畳/鉄筋~14畳
    電気代の目安 (50Hz)7.6円/日・(60Hz)7.6円/h
    タンク容量 約2.0L
    サイズ(高さ×幅×奥行) 458mm×194mm×352mm
    重さ 約5.8kg
    参考価格 ¥23,800
    商品ページ Panasonic F-YZL60(ビックカメラ.COM)

    2台目を考えている人におすすめなのがこちらのPanasonic F-YZL60です。

    どこでも持ち運べるコンパクトサイズが嬉しいこちらの商品、小さいからといって侮ってはいけません。100cmをカバーするワイド送風・衣類の湿気戻りを防ぐカラッとキープモード・おなじみのエコナビなど、嬉しい機能はしっかり搭載されています。

    名波さん「場所をとらないスリムタイプなので、クローゼットの中などで使うのもおすすめです」

    BEST4:日立 HJS-56

    除湿方式 デシカント式
    除湿能力 (50Hz)5.6L/日・(60Hz)5.6L/日
    除湿面積 (50Hz)木造~7畳/鉄筋~14畳・(60Hz)木造~7畳/鉄筋~14畳
    電気代の目安 (50Hz)7.6円/日・(60Hz)7.6円/h
    タンク容量 約2.0L
    サイズ(高さ×幅×奥行) 475mm×290mm×175mm
    重さ 約5.5kg
    参考価格 ¥17,800
    商品ページ 日立 HJS-56(ビックカメラ.COM)

    一人暮らしの女性や、家のいろいろなところに持ち運びたい人におすすめなのが、こちらの日立 HJS-56です。

    コンパクトながら、前方向に50°、上方向には100°の範囲で集中的に風を送るスポット送風機能や、風が上下に150°移動することでワイド乾燥を可能にしたオートルーバーなどを備えた優れものです。本体の重量も5.5kgと軽いので、女性1人でも楽々移動できるのが嬉しいですね。

    名波さん「この機種は、とにかく静かということも特徴です。運転音は静かな図書館並です!寝室で使いたいという方にもピッタリです」

    BEST5:SHARP CV-EF120

    除湿方式 コンプレッサー式
    除湿能力 (50Hz)11.0L/日・(60Hz)12.0L/日
    除湿面積 (50Hz)木造~15畳/鉄筋~30畳・(60Hz)木造~15畳/鉄筋~30畳
    電気代の目安 (50Hz)7.3円/日・(60Hz)7.8円/h
    タンク容量 約3.1L
    サイズ(高さ×幅×奥行) 565mm×360mm×260mm
    重さ 約12.4kg
    参考価格 ¥59,800
    商品ページ SHARP CV-EF120(ビックカメラ.COM)

    除湿しながら空気清浄もしたい!という人には、こちらのSHARP CV-EF120がおすすめです。

    除湿+空気清浄(HEPAフィルター)+プラズマクラスターというトリプルアタックで、湿気もカビも洗濯物の生乾き臭もすべて解消してくれる優れものです。最新モデルのこちらは、イオン送風機能を搭載し、除湿しないときでも空気清浄機単体として使用することが可能になりました。

    名波さん「空気清浄機には加湿機能がついているものは多くても、除湿機能がついているものはほとんどないんです。空気清浄機と除湿機2台も置くスペースがない!という方に是非おすすめしたい商品です」

    番外編:除湿機のメンテナンス方法

    「メンテナンス」と聞くと、いかにもめんどくさそうな印象を受けますが…実は除湿機のメンテナンスは空気清浄機や加湿器などと比べてもとってもシンプルで簡単なんです!除湿機を効果的に使用するためにも、以下のSTEPで日々のメンテナンスをしっかり行うことが大切です。

    STEP1:タンクの水を捨てる

    タンクが満タンになると、自動的に停止してそれ以上除湿ができなくなってしまいます。特に湿気が多い時期や、衣類乾燥などをすると意外とすぐにたまってしまうので、毎日確認する習慣をつけましょう。

    名波さん「機種によっては別売りのホースを排水溝などとつなぐことで、タンクの外に直接排水ができる''連続排水機能'’という機能がついているものもあります」

    STEP2:タンクの中を洗浄する

    除湿機を使い続けると、どうしてもタンクの内側に水垢がたまってしまうものです。そんなときには、本体から取り外したタンクの中に水と一緒にクエン酸やポット洗浄剤を入れてしばらく放置しておきましょう。酸の力でみるみる綺麗になりますよ。

    名波さん「もし、クエン酸やポット洗浄剤がない場合は、レモン汁などでも代用可能です」

    STEP3:フィルターの汚れをとる

    フィルターに汚れが蓄積するとやがて目詰まりを起こし、臭いを発したり、正常に動かなくなってしまう恐れがあります。フィルターに詰まった汚れは、掃除機で吸いとる・歯ブラシでかきだすなどして、定期的に掃除してあげましょう。

    名波さん「フィルターがボロボロになってしまった場合は、空気清浄機売り場などに売っているフィルターと交換しましょう。フィルターはそんなに高いものでもないので、掃除をしないで買い替えてしまう方も多いです」
    機種によってフィルターの種類も様々。破損を防ぐためにも、取扱説明書のお手入れ欄を事前に確認しておくのを忘れずに!

    STEP4:本体を拭く

    本体が汚れてしまった場合には、ぬるま湯か薄めた台所用中性洗剤を浸した柔らかい布を固く絞って汚れをふき取り、乾ぶきしましょう。

    除湿機で快適に梅雨を乗り切ろう!

    空気清浄機などの陰に隠れていまいち目立たなかった除湿機。除湿機能はもちろん、衣類乾燥や空気清浄など最新の除湿機はこんなに進化を遂げていました。

    一言に除湿機と言ってもその特徴は様々…自分に合った除湿機を見つけて、ジメジメした梅雨を快適に乗り切ってみませんか?

    ちなみに最新除湿機は通販でも購入できますよ!

    取材協力

    ビックカメラ新宿西口店 6F家電コーナー
    名波文香さん

    (image by ビックカメラ)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人