1. 料理
    2. 英国王室のお気に入り!「ウィリアム王子のチョコレートビスケットケーキ」の作り方

    英国王室のお気に入り!「ウィリアム王子のチョコレートビスケットケーキ」の作り方

    2015年にシャーロット王女が誕生し、世界中から注目を浴びた英国王室。今回はウィリアム王子の大好物で、キャサリン妃も妊娠中に召し上がっていたというユニークなお菓子をご紹介します。このケーキはオーブンを使わずに冷やして作るので、別名・冷蔵庫ケーキとも呼ばれています。市販のビスケットを、溶かしたチョコレートの生地でからめて冷やすだけという、すこぶるお手軽で家庭的なおやつなんです。ロイヤルファミリーの方々がこんな気取らないケーキに夢中だなんて、ちょっぴり親近感がわきますね。
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapinanapinanapinanapi

      編集部からのポイント

    • ここがオススメ!

      英国王室の元シェフ、キャロリン・ロブ氏のレシピを参考に、日本で手に入りやすい食材、作りやすい分量にアレンジしたレシピ。気軽に英国王室気分が楽しめちゃう!

    • ここが便利!

      冷やし固めるだけなのでオーブンがなくても作れる。材料に小麦粉やベーキングパウダーなども用意不要。

    • アレンジ広がる

      ケーキ型がなければ手頃なサイズのお皿や、お弁当カップで代用している人も。ナッツやドライフルーツは好みでアレンジOK。

    材料(11cmのケーキ型)

    チョコレートケーキ生地

    • バター…80g
    • はちみつ…大さじ3
    • 純ココアパウダー…大さじ3
    • ブラックチョコレート…100g
    • バニラエッセンス…少々
    • ピスタチオ(殻から出したもの)…大さじ2
    • 乾燥イチジク(刻んだもの)…大さじ2
    • プレーンなビスケット…65g(マリービスケット10枚)

    飾り用

    • コーティング用チョコレート…1袋
    • ホワイトチョコレート(デコペン)…1本
    ピスタチオはアーモンドやマカダミアナッツ、乾燥イチジクはレーズンやドライチェリーなどに置き換えてもOKです。

    作り方(調理時間:30分 ※冷却時間を除く)

    STEP1:型の準備をする

    オーブンペーパーを切って、ケーキ型の底と側面に敷きます。

    STEP2:乾燥イチジクとピスタチオ、チョコレートの下準備をする

    乾燥イチジクは1cmくらいに切り、ピスタチオは殻から出します。チョコレートは溝にそって割っておきます。

    STEP3:ビスケットを割る

    ビスケットは2~3cmの大きさに割ります。

    STEP4:チョコレート生地を作る

    厚手の鍋にバターとはちみつを入れて、弱火にかけます。バターが溶けたら火を止め、割ったチョコレートとココアパウダー、バニラエッセンスを加えて、艶が出てなめらかになるまでよく混ぜます。

    沸騰させないように注意してください。

    STEP5:チョコレート生地と食材を混ぜる

    チョコレート生地がなめらかになったら、ピスタチオ、乾燥イチジク、割ったビスケットを加えて混ぜます。

    STEP6:型に入れて冷やす

    よく混ざったら型に入れます。ビスケットがごろごろしていて入れにくいですが、スプーンなどを使って、型のすみまで隙間なく丁寧に埋めるように入れましょう。

    型に入れたら粗熱をとってラップで覆い、完全に固まるまで冷蔵庫で3時間以上しっかりと冷やします。

    STEP7:チョコがけをする

    STEP6のチョコレートケーキを型から出して網にのせます。コーティング用チョコレートを電子レンジにかけて溶かし、ケーキの上から流しかけて表面を覆います。

    コーティング用チョコレートの加熱時間はメーカーの指示に従ってください。

    STEP8:デコレーションをする

    ホワイトチョコレートのデコペンを湯につけて溶かし、ケーキの表面に線を描くように垂らします。

    STEP9:完成!

    全体的に固まったらお皿に盛りつけてできあがりです。切り分けるときは、ビスケットが砕けないように気をつけましょう。

    作り方のコツ

    チョコレートのコーティングではなく、ココアをふったり、ガナッシュクリームを塗ったり、お好みのデコレーションに変えても良いでしょう。

    ケーキの切り口がモザイクのようになっていてきれいなので、あえて表面のデコレーションを省略するのもいいかもしれません。

    このレシピは、英国王室の元シェフだったキャロリン・ロブ氏のレシピを参考に、日本で手に入りやすい食材、作りやすい分量にアレンジしたものです。

    オリジナルレシピでは、はちみつではなくテイト&ライル社のゴールデンシロップを使います。また、ビスケットもマクビティのダイジェスティブビスケット(リッチティー味)を使いますが、日本では未発売なため、味が似ているマリービスケットを使いました。もし興味があれば、そちらでお試しください。

    みんなの感想

    Twitter「モーメント」機能で、このレシピをつくってみた人たちの感想や参考になる情報をまとめました。

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!