\ フォローしてね /

意外にトマトと合う!「オクラのトマトパスタ」の作り方

国産のオクラは夏が旬の野菜でこれから美味しくなる夏野菜のひとつですが、みなさんはどうやっていただいているでしょうか。

オクラの原産地はアフリカの北部のようですが、そのままカツオ節を振っていただいたり、煮びたしにするなど和食で使う場面が多いかと思います。

そこでここでは、トマトとあわせたパスタのレシピをご紹介します。

トマトとオクラの組み合わせはあまり馴染みがないかもしれませんが、アメリカ南部では、鶏肉とオクラ、トマトを煮込んだ「チキンガンボ」という料理が昔からあるようです。

材料(2人分)

  • オクラ:10本
  • トマト缶:1/2個
  • ツナ缶:1個
  • パスタ:200g
  • にんにく:1片
  • 輪切り唐辛子:少々
  • オリーブオイル:大さじ1/2
  • コショウ:少々
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1

作り方(調理時間:20分)

STEP1:オクラの下準備

大さじ1杯くらい(分量外)の塩をオクラにまぶします。まな板の上を転がすようにして、オクラの表面の細かい毛を取り除きます。

水で塩を洗い流し、ヘタの部分を切り落とします。

STEP2:にんにくを炒める

冷たいフライパンににんにくとオリーブオイルを入れ、弱火で炒めます。軽くきつね色になるまで1分ほどじっくりと炒めます。

STEP3:トマトを炒める

トマト缶を入れ、弱めの中火で炒めます。木べらでつぶしようにして1分ほど火を通します。

STEP4:オクラを炒める

STEP1のオクラと輪切り唐辛子をフライパンに入れて、弱めの中火で炒めます。パスタを茹でる間、3分くらい火を通します。

STEP5:パスタを茹で始める

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにしましょう。例えば、1.6mmのパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP6:ツナを炒める

軽く油を切ったツナを入れ、弱めの中火で炒めます。パスタが茹で上がるまで、1~2分ほど炒めます。

STEP7:パスタとソースを和える

パスタが茹で上がったら、フライパンに入れます。

オリーブオイル少々と茹で汁をお玉半分を入れ、中火で加熱しながら菜箸かトングで激しくかき混ぜます。

STEP8:できあがり

お皿に盛り付けてできあがりです。お好みで、パルメザンチーズなどを振って召し上がってください。

作り方のコツ・注意点

トマトのソースは、煮詰めて味を引き出した後に、茹で汁でのばして使います。木べらなどでソースをかいたときに、フライパンの底が見える程度まで煮詰めてください。

おわりに

ここでは長めに火を通してオクラがくったりとするまで調理するレシピをご紹介しましたが、さっと火を通してしゃきしゃきしたままでも美味しくいただけます。

オクラが旬の季節に、ぜひ試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。