1. 料理
    2. どんな味?「絶望のスパゲッティ」の作り方

    どんな味?「絶望のスパゲッティ」の作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    パスタ料理には変わった名前のものが多いです。よく聞くものでも「アラビアータ」が「怒りん坊」だとか、「カルボナーラ」が「炭焼き風」のように本来の意味がちょっと変わっています。

    シンプルなパスタの「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」は、素材のニンニク・オリーブオイル・唐辛子を並べた名前ですが、別名を「絶望のパスタ」と呼ぶそうです。貧乏で絶望的に材料が無くても作ることができるパスタという意味合いだそうです。

    調べてみると、「絶望のパスタ」と呼ばれるレシピには、ペペロンチーノのほかにもうひとつあるようです。トマトベースのパスタなのですが、やはり材料がシンプルで名前の由来はペペロンチーノと同じところから来ているようです。

    その、もうひとつの「絶望のパスタ」は「IVO ホームズパスタ」というお店で食べることができます。そこでここでは、「IVO ホームズパスタ」で出されている「絶望のスパゲッティ」の再現レシピをご紹介したいと思います。

    「IVO ホームズパスタ」の詳細は、こちら(食べログ)です。

    材料(1人分)

    • トマト缶:100g
    • 生トマト:1/2個
    • しめじ:少々
    • 黒オリーブ:5~10g
    • 玉ねぎ:1/4個
    • にんにく:1片
    • 輪切り唐辛子:少々
    • オリーブオイル:大さじ1/2
    • 粗挽き黒胡椒:少々
    • コンソメ(顆粒):適宜
    • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:材料を切る

    しめじは石突を取って手で裂きます。玉ねぎは薄くスライスします。黒オリーブは粗目のみじん切りにします。

    STEP2:にんにくを炒める

    冷たいフライパンに、オリーブオイル、にんにく、輪切り唐辛子を入れて、弱めの中火で炒めます。うっすらときつね色になるまで2分ほど炒めます。

    STEP3:トマトと玉ねぎを炒める

    トマト缶とみじん切りにしたトマトを半量、スライスした玉ねぎをフライパンに入れて、中火で炒めます。玉ねぎがしんなりとするまで、1分ほど炒めます。

    STEP4:しめじを炒める

    しめじを入れて中火で炒めます。

    半分くらいに煮詰まるまで、2分ほど炒めます。

    STEP5:パスタを茹で始める

    たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

    茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにしましょう。例えば、1.6mmのパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

    STEP6:黒オリーブを煮る

    フライパンに黒オリーブと残りの生トマト、パスタの茹で汁をお玉3杯ほど入れて煮込みます。強火にかけ、沸き立ったら弱火にして2~3分ほど煮込みます。

    STEP7:味を調える

    粗挽き黒胡椒とコンソメで味を調えます。

    STEP8:パスタを煮る

    茹で上がりの30秒前になったら、パスタをフライパンに移します。

    ふつふついう程度の火加減で、茹で上がりまで30秒ほど煮込みます。

    STEP9:完成!

    お皿に盛りつけてできあがりです。

    作り方のコツ

    肉系の出汁をほとんど使わないので、玉ねぎやキノコはじっくりと火を通して旨味を引き出すようにします。

    本場イタリアのレシピ

    本場のレシピでも色々なアレンジがあるようですが、ここに書かれたレシピがあちこちで見つかります。

    にんにくも使わなければ、コンソメなどの出汁系の味付けもありません。キノコとアンチョビの他は野菜の味付けだけのシンプルなものです。

    おわりに

    「絶望のスパゲッティ」という名前からの想像を裏切って、とても美味しいパスタです。ぜひ試してみてください。

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人